不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2013年10月26日土曜日

2014年卒の就職活動費用平均約16万円!就活について一言・・




ある企業の調査によると、2014年3月卒業予定の全国の大学4年生(理系は大学院修士課程2年生含む)を対象に、10月1日現在の就職活動状況に関する学生調査を行った結果、就職活動の費用は15万7000円、前年調査より約2,700円上昇しているとのことです。(調査時期は2013年10月1日~7日、有効回答数は1,235人。)


内訳は「リクルートスーツ代」「交通費」「宿泊費」など、増加額が一番大きいのは「スーツ代」で、前年の39,460円から42,559円へと約3,000円増。増加額ではスーツ代とのことでありますが、依然として高いコストとなっているが「交通費」「宿泊費」であります。「交通費」「宿泊費」が一向に減る傾向にないということは、やはり大都市での就職を希望する人がそれだけ多いということを意味しているわけであります。


裏を返せば、それだけ一次産業(農業、漁業など)を希望する人が着実に減り続けているということでもあります。政権の政策が変更されるたびに農業や漁業の方々が尻拭いをさせられてきた過去を考えますと希望する方々が減るというのは仕方ないのかもしれません。
関連記事はコチラ>>


景気が上向いているとはいえ、新卒への面接はどの企業も非常に厳しいハードルを設けている点におきましては、デフレ時とそう変化はないと思います。そして、近年では面接においてもマニュアルが存在し、真剣にマニュアルを頭に叩き込む学生も少なくないと聞きます。




面接で行き詰まりを感じている方は、是非とも原点に立ち返り、ありのままの素直な自分で面接に望んでみてはいかがでしょうか。


面接官も仕事とはいえ一人の人間です。決して完璧な人間など存在しません。


自分を飾れば飾るほど、厳しい質問が飛んでくるというのは自然な経緯です。大切なことは、未熟な状態からどのように考え成長していきたいのか?という点が問われるのではないでしょうか。





U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事