不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2013年10月23日水曜日

【麻生財務相】大企業の交際費(損金算入)を大幅に認め、消費税と絡ませる・・





かつて日本では、企業の売上に占める交際費は5%とも言われた時代がありました。
ビジネスは夜動くと・・・。


しかし、無駄削減が叫ばれ出してからというもの、交際費を含め支出が「悪」「無駄」という見方が強まった時期もありましたが、現役の財務大臣が「カネを遣おうよ」と強いメッセージです。麻生太郎副総理・財務・金融相は23日午前、参院予算委員会で、大企業の税負担軽減の一環として交際費の一部を税法上の費用(損金)に算入する案について「ひとつの方法かなと私自身は考えている」と述べました。


以前から交際費280兆円は気持ちよく遣おうよ!と呼びかけてきた大臣ですが、中小企業への交際費容認と大企業への交際費では次元が違う経済効果が期待できるだけに、こちらも今後の動向が気になります。



麻生氏は企業の賃上げを巡る動きについて「賞与は出してもベースアップ(ベア)はなかなかやれない」とはっきりと指摘。交際費の一部を損金として算入することを大企業に認めれば、贈答や飲食など個人消費の下支えに一役買う効果がある、との見解を示しています。
関連記事はコチラ>>




ようやく回復の兆しがみえだしたデパート業界をはじめ、飲食業界にとっては、まさにボーナス発言と受け止めている経営者も多いのではないでしょうか。消費税の差分を十分に吹き飛ばすほどのパワーがある話であるだけに、実行されれば、どれほど効果が現れるのかが気になるところであります。



また人と人との交流が活発になれば、嫌でもビジネスの新しい話やアイデアが出てくることは間違いありません。飲食店を展開する経営者の方々にはホントに嬉しいニュースですね!




U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事