不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2013年11月27日水曜日

12月を目前に日経平均株価が一時15,000円超えとなった背景と12月の値動きを考える・・・



12月を前に、日経平均株価が15,000円を超えてきました。

複数の要因があるかと思いますが、大きな要因となったのは外国人投資家の大規模な日本株買い。さらに、225先物買いによる裁定取引買いに絡む、日経構成銘柄の値がさ株を中心に大幅に買い上げたことも、日経平均株価を押し上げたことの要因として見逃せないところかと思います。


おそらく、来年1月から始まる米国の財政問題で、12月のある時点でNY株式市場が大幅に下落すると見られ、その時までに日本株を買い上げておき、一気に先物、オプション、日経平均株価などに大量の売りを仕掛ける。そうすれば、ヘッジファンドは、5月のように売りが売りを呼んで、下落過程で大儲けできるという様子が伺えます。
関連記事はコチラ>>




今年の5月23日に日経平均株価は、一時15942円付け、その日のうちに前日比で-1143円暴落したパターンと同様のパターンを狙った動きである点は、意識しておきたいところです。ヘッジファンドがこういった落差の大きいゲームを好む以上、日経平均株価15,000円以上の高値で状態化することは考えにくく、具体的な好材料が少ないように思えます。


12月の中旬頃からは、取引量が少なくなりますmので、ヘッジファンドの判断次第で、上下動の激しい動きとなる可能性も十分に考えられます。



U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事