不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2013年12月20日金曜日

【レポート(写真28枚付き)】従業員8千人以上が大移動!二子玉川駅直結、楽天本社ビルとなる建設中のライズをレポート【活動報告】



渋谷まで10分、永田町まで20分と便利でありながら、のどかで落ち着いた街がウリの二子玉川駅周辺。

駅を少し離れれば、自然の草木に身を隠す豪邸が多いことでも有名ですが、現在東急グループが力を入れて駅周辺を大幅に開発中。来年の春には、楽天本社がお引越されるということもあり、工事は雨の日も風の日も休むことなく昼夜続けられています。
関連記事はコチラ>>







まず、二子玉川駅の改札口を抜け、正面、そして右側に商業施設のライズがすでに展開されております。




改札口を抜け、そのまま天井が繋がっていますので、傘がなくとも3つの商業施設を行き来するのに、雨や雪にうたれる心配はありません。



商業施設と商業施設の間にあるスペースは、ギスギスした感じを払拭させる心地よい空間となっていますが、定期的に企業のPRイベントや音楽の演奏会、さらにパフォーマンスなどが行なわれています。このあたりは東急グループさんの得意分野ですので、他の企業さんは是非とも参考にしてもらいたいところです。


休日のイベントの様子


ちなみに、休日はお子様連れが非常に多くなります。本当に少子化なんだろうか?と疑問に思うほどです。




商業施設の群れを抜けると、バスのターミナルが広がっています。この向こう側が開発中のビルとなります。






近所のレストランへの取材によると、2014年夏頃の完成を予定していたとのことですが、楽天さんの強い希望があり数ヶ月前倒しされたとのことです。アベノミクスで大胆金融緩和により金余りになった資金が他の公共工事へと流れていることや、東北の復興を急ぐあまり、職人さんの不足が心配されています。欠陥ビルとならないかとの心配の声も上がっていますね。ちなみに、こちらの建設を請負ってられるのは鹿島建設です。

角度を変えて、二子玉川駅を背にして撮影した写真です。奥に見える高層マンションは基本は住宅用のマンションとなっており、某有名人の方々も数名ご購入されたとの情報もあります。




現場は生々しく、激しい様子で工事が着実に進んでいました。



右側に続く緑の土手を超えれば、向こう側に多摩川が広がっています。







土手においては、コンクリートで固めてしまうようです。これには地元住民の反対がかなりあったようですが、東急さん押切りました。



ガンガンやってしまっています。

この多摩川には、全国でも珍しい鳥たちが毎年訪れるというのでも有名です。多摩川周辺の魅力は、この自然こそがウリであったわけですが、鳥たちが訪れない多摩川を作り上げるというのは、自然回帰がトレンドとなる世界の先端から逆行するという意見も少なくありません。



すでに、多摩川沿いの一部は整備されています。この階段を登りきったところにポツンと眺めの良いスターバックスが一店舗静かに運営されています。





この階段を登りきったところに眺めの良いスターバックスが!





夜と昼でガラッと雰囲気が変わってしまっています。日中は、イヌを連れの婦人と子連れの婦人が多いようです。夕方以降は老若男女さまざまな方がいらっしゃっていました。




すっかり日が暮れてまいりました。
二子玉川駅を目指すと共に、開発中のライズの様子を再び確認するため、歩き出します。




日が沈んで時間の経過と共に気温もグッと低下してまいりました。足早に家路へ向かう方々とは裏腹に工事は活況といったところでしょうか。





U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

1 件のコメント:

  1. 多摩川堤防の工事はもちろん東急のしごとではなく、国の仕事です。具体的には国土交通省関東地方整備局です。
    http://www.ktr.mlit.go.jp/keihin/keihin00144.html

    返信削除

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事