不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2013年12月30日月曜日

【要人発言】韓国高官が円安に苦しむ胸の内を激白!今後のIMFへの動きにも注目です



韓国高官

  • 「円安が韓国の輸出業者を傷つける恐れ」
  • 「米国の量的緩和縮小で不確実性が増加する可能性」
  • 「朝鮮半島問題が、海外勢の投資を抑制する可能性


この韓国政府の高官はしっかりとポイントをおさえていると言えそうです。

また、年末年始にかけて、IMFがどう動くのかに神経を尖らせる韓国政府高官たち。100兆円とも、1000兆円以上とも言われる韓国の借金問題ですが、IMFは韓国政府の対応を良しとはしておらず、FRBが金融緩和縮小を決定したことにより、貧弱な金融基盤である韓国への影響が非常に心配されていますね。


3年前と異なり、現在では、通名制度を利用して、政治献金で特定の政党を支援するということができにくい環境を総務省が構築しつつありますし、日本の世論調査を見るかぎり、韓国へのスワップ協定が容易に受け入れられるとは考えにくいですから。。
関連記事はコチラ>>


頼るべきところは、米国を除いて他に支援できる国があるとは思えませんね。米国は、いくつかの韓国内の銀行と密接に関係していますが、韓国がデフォルトとなると米国も同時にとばっちりを受ける可能性が強く、日本にカネを出せという要請が今後はあるかもしれません・・・。


韓国のグローバル人材育成力 超競争社会の真実 (講談社現代新書)
岩渕 秀樹
講談社
売り上げランキング: 79,398







安全保障で米国との連携を強化したい日本ではあるものの、韓国のATMとなることを受け入れることは情勢からいって考えにくく、これに米国が絡んでるくるという難しい選択。もしも、法整備といった面も含め、安全保障が独自に確立されていれば、間髪入れずに答えは「NO!」となったかもしれませんが・・・。現状は米国の第7艦隊に頼らざる終えない状況です。


今年は、メディアでの露出は非常に少なかった麻生財務相ですが、過去3年間日本の円高を好い事にボロ儲けしてきた他国に対し、非常に厳しい戦術を実行しておられます。推測するに、麻生財務相の性格などを考慮すると今後も韓国に対し厳しい対応が継続される可能性が強く、韓国経済にとっては厳しい冬の時代から氷河期へと悪化する可能性すら出てまいりました。


サムスンの真実
サムスンの真実
posted with amazlet at 13.12.30
金 勇澈
バジリコ
売り上げランキング: 152,787



U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事