不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2014年1月31日金曜日

【経済指標2014.1.31】12月失業率(日本、ユーロ圏)、12月消費者物価指数(日本、ユーロ圏)


1/31(金) 〔予想〕 (前回)


中国市場休場(春節、-2月6日)
香港市場休場(春節、-2月3日)
シンガポール市場休場(春節)
バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長、任期満了

08:30 12月失業率 〔3.9%〕 (4.0%)
08:30 12月有効求人倍率 〔1.01倍〕 (1.00倍)
08:30 12月全国消費者物価指数(生鮮食品除く)(前年比) 〔+1.2%〕 (+1.2%)
08:30 1月東京都区部消費者物価指数(生鮮食品除く)(前年比) 〔+0.7%〕 (+0.7%)
08:50 12月鉱工業生産・速報値 〔+1.3%〕 (-0.1%)
09:05 英1月GfK消費者信頼感 〔-12〕 (-13)
19:00 ユーロ圏1月消費者物価指数(HICP)・速報値(前年比) 〔+0.9%〕 (+0.8%)
19:00 ユーロ圏12月失業率 〔12.1%〕 (12.1%)
20:00 サッコマンニ伊経済・財務相、会見
21:00 南ア12月貿易収支 〔-〕 (8億ランドの黒字)
22:30 米12月個人所得 〔+0.2%〕 (+0.2%)
22:30 米12月個人消費支出 〔+0.2%〕 (+0.5%)
22:30 米12月コアPCEデフレーター 〔+0.1%〕 (+0.1%)
22:30 米10-12月期雇用コスト指数(前期比) 〔+0.4%〕 (+0.4%)
22:30 加11月GDP 〔+0.2%〕 (+0.3%)
23:45 米1月シカゴ購買部協会景気指数 〔59.0〕 (60.8)
23:55 米1月ミシガン大学消費者信頼感指数・確報値 〔81.0〕 (80.4)



麻生太郎副総理兼財務・金融相

「(消費者物価指数について)経済政策の効果があった」

甘利再生相

「株安、米金融政策を冷静に受け止めてもらいたい」
「日銀の2年2%の物価安定目標は達成に向けて順調に進んでいる」
「株安は米量的緩和の縮小決定や新興国の経済情勢などが影響している」



すでに、12月の完全失業率(季節調整値)は総務省から発表されています。

市場予想平均の3.9%より強い3.7%となり、ボーナスだけでなく着実に経済が回復傾向にあることを示しました。また、厚生労働省が同時に発表した12月の有効求人倍率(季節調整値)は1.03倍と前月の1.00倍から上昇。こちらの数値も市場予想平均の1.01倍を上回っています。

外為白書2012-13(第4号)
外為白書2012-13(第4号)
posted with amazlet at 14.01.31
外為どっとコム総合研究所
外為どっとコム総合研究所
売り上げランキング: 813,977





ユーロ圏の失業率が12%程度、米国の失業率が7〜8%程度であることを考えると日本は非常に恵まれた状態にあると言えそうです。一方、シンガポールのような特殊な国においては、1.8%と極めて低い失業率を維持しています。有効求人倍率が1%を超えたことで、今後は人材獲得のための企業間の競争もはじまり、ベースアップ目前となっている状態まできていますね。



東京23区ランキング・青版 仕事に役立つデータ編
東京23区研究所 小口 達也
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 220,636










U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事