お知らせ

new

現在お知らせはありません。

2014年1月29日水曜日

【見通し】トルコ・リラは通貨安歯止めに驚異の4.25%の大幅利上げ![2018年9月13日との比較・参考]



◆   DMM CFDでは、スプレッド(売値と買値の差)を業界最狭水準!! ◆
■         D┃M┃M┃C┃F┃D┃            ■
■■        ━┛━┛━┛━┛━┛━┛           ■■
■■■    ス┃プ┃レ┃ッ┃ド┃最┃狭┃水┃準┃!┃    ■■■
■■■■   ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛   ■■■■

取引手数料0円!!『全額信託保全』導入済み!!初心者でも簡単4銘柄!!
>>使いやすい取引システムでお好みのレイアウトにカスタマイズ<<
▼▼▼    詳しくはこちら      ▼▼▼










中央銀行の利上げ決定は0.25%刻みに慣れている方も多いと思いますが、新興国による大幅な通貨暴落をなんとか食い止めようとトルコ中央銀行が大鉈を振るうことに・・。


結果、政策金利の一部を7.75%から12%と大幅に引き上げることとなり、世界の金融市場に安心感が広がっています。そして、再び新興国の通貨を買い戻す動きとなりました。これを受けて、欧州、米国株式市場は、そろって反発。さらに、日経平均株価は、225先物を中心に買い戻しも入り、前場15240(+260)円と大幅反発へ。
関連記事はコチラ>>


現在、ドル/円が103.10円台、ユーロ/円が140.80円台となっています。


現代トルコの政治と経済―共和国の85年史(1923‐2008)
イルテル エルトゥールル
世界書院
売り上げランキング: 256,920


しかしながら、まだ一安心というわけにはいきません。今晩のFOMCは、バーナンキ議長の最後の政策発表であり、市場の流れでは、さらに100億ドルのテーパリング(量的緩和縮小)を実行するのではないかの憶測が占めているようです。来月以降からイエレン議長が舵取りを行なうこととなりますが、イエメン氏におきましても当分はバーナンキ議長と同様の判断を下してくるのではないかと思われます。時間の経過と共に、イエメン議長らしい舵取りが出てくるのではないでしょうか。


そのように期待しています。


ちなみに、金利12%ということは、1000万円分のトルコ・リラを1年間保有し続ければ、120万円の利息が発生することとなります。ドルのテーパリング(量的緩和縮小)が段階的に行なわれれば、さらなる下落も十分にありますが、12%の利息ならば多少の下落も十分にカバーできるかもしれません。


判断が分かれそうですね。

トルコのもう一つの顔 (中公新書)
小島 剛一
中央公論社
売り上げランキング: 113,793




【緊急特集】6.25%大幅利上げで投資家トルコ・リラに大注目!


参考→
【暴落・チャート見通し】トルコリラは今が底値か・・高金利スワップポイントを狙え!
参考→
【トルコリラ見通し】20円を超えていけるかどうかはエルドアン大統領と米国の関係改善が重要となる
参考→
新聞や雑誌でダメ出しされた危険通貨「トルコ・リラ」は今が仕込み時かも・・



【重要】2018年9月13日、トルコ中銀は6.25%の大幅利上げを実施しています。
政策会合でトルコ中銀は政策金利を17.75%から24%に引き上げました。

トルコの金利は過去最高に。次元を超えた金利により円をトルコリラに変えることで、もっとも高い金利を受け取ることが可能となりました。

しかしトルコリラを取り扱っているFX会社は限定された会社のみでの取り扱いとなっていますので、下記で参考までにトルコリラを取り扱っている会社を紹介しておきます。

トルコ・リラ取扱業者と運用方法解説→
【重要解説】6.25%大幅利上げで口座開設が急拡大したトルコリラの取引注意を3段階のレベルで解説


U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

【PR】年収1000万円以上限定コンシェルジュ

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択