不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2014年1月26日日曜日

4日間で2円の円高!その理由とは・・



104円前後だったドル円も4日間で2円の円高となり、現在は102.20円台となっています。また、ユーロ/円では139.90円台後半の円高に。


これほど急激に円高に動いた理由として、新興国の通貨暴落が主な要因となっているようです。ブラジルのレアル下落をはじまりとし、翌日にはアルゼンチンのペソ、トルコのリラ、南アフリカのランドが急落している状態です。これらの新興国の大幅下落にまったく打つ手がないのは、これらの国々が外貨準備がないことが大きな理由であります。自国通貨買いの介入はほとんど意味をなさないですから。。
関連記事はコチラ>>

ちなみに、日本の外貨準備金は下記の通りです。
たっぷり!ですね。

外貨準備高の推移 - 日本経済のネタ帳


1月から米国の量的金融緩和(QE3)の縮小が始まっていますので、新興国の通貨暴落の引き金は、これが原因であることは間違いなさそうです。


週明けの日経平均株価が一時的に15000円割れする可能性も十分に考えられます。





  • 新興国の通貨安をきっかけに、再び世界経済への懸念が高まるのか?
  • それとも米国の量的金融緩和(QE3)の縮小による一時的なものとなるのか?


いずれにせよ、来週からの株式市場は慎重な取引が求められるかもしれません。


ちなみに、世界の為替は、1日に550兆円動くといわれているが、そのきっかけを作っているのが、米国、欧州、日本など中央銀行の金融政策です。


日本では、世界に合わせろ!合わせろ!あの国では、こういった政策が行なわれている、この国では、消費税が何%だ!と他国と比較したがる政治屋が多いわけですが、これほど影響力があるわけですから、日本が世界のルール作りをリードしたって良いと思うのは私どもだけでしょうか。




U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事