不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2014年2月6日木曜日

【iPS細胞】心臓一つ1,000万円 → 100万円に!臓器を新品に取り替えられる世の中はすぐそこかもよ・・・



2011年6月、中国の「上海日報」(電子版)などが報じたニュースによれば、中国・安徽省に住む当時17歳の高校生が、「iPad2」や「iPhone」の購入資金が足りなかったことから自身の腎臓のひとつを2万元(約25万8800円)で売ってしまったという衝撃的な報道がありましたが、こういった臓器売買ビジネスは残念ながら無くなることはないと考えられてきました。特に貧富の差が激しい国においては、生存のため自ら臓器を売らざるおえない話というのは絶えませんね。
関連記事はコチラ>>

iPS細胞の世界-未来を拓く最先端生命科学- (B&Tブックス)

日刊工業新聞社
売り上げランキング: 144,375




また国家によっては、政府がこの裏ビジネスに関与している場合もありますので、『根絶』というのは非常に難しいハードルとなることが分かります。日本においては幸い、日本政府がしっかりと目を見張らせていますので、現在のところこういった違法なビジネスが横行することはありませんが、将来的な話となれば全く他人ごとではいられないかもしれませんね。


病気で臓器機能に問題が生じれば、それはそれは苦しいと聞きますので、なんとかして健康な臓器を手に入れたいというのは通院、入院する患者にとって死活問題であります。しかし、正規のルートを通じて購入するということになれば、当然ながら提供者がいらっしゃることが大前提となります。血液や体の相性ということを考えれば、気の遠くなるような話であることは、安易に想像がつきますよね。


子供の臓器売買ビジネスの実態を描いたインドを舞台としたヒット映画スラムドッグ$ミリオネアのような話は、まだまだ無くなることはなさそうです。



スラムドッグ$ミリオネア
サントラ A・R・ラフマーン feat.マドゥミーター A・R・ラフマーン feat.ブラーズ&タンヴィー・シャー A・R・ラフマーン feat.スザンヌ A・R・ラフマーン feat.スクヴィンダル・シン、タンヴィー・シャー&マハーラクシュミー・アイヤル&ヴィジャイ・プラカーシュ M.I.A.&A・R・ラフマーン M.I.A. A・R・ラフマーン feat.アルカー・ヤーグニク&イラー・アルン A・R・ラフマーン feat.パラッカル・シュリーラーム&マドゥミーター ソーヌー・ニガム
ユニバーサル インターナショナル (2009-04-01)
売り上げランキング: 182,303



そんな臓器ビジネスですが、非正規のルート(裏ビジネス)で購入を試みた場合、莫大な費用が必要となると言われていますが、慶応大医学部と味の素の今回の研究の成果により近い将来肝臓1つ手術代込みで1,000万円程度まで下落する可能性が出てきました。さらに10年後〜20年後には臓器ビジネスに新たな価格革命が起こるかもしれません。


【朝日新聞】

iPS細胞を安く効率よく増やす培養液の開発に、慶応大医学部の福田恵一教授(循環器内科)らと味の素が共同で成功した。従来品に比べ費用が10分の1になるという。味の素では2016年度の発売を目指す。iPS細胞を増やすには細胞の栄養になるアミノ酸や糖、ビタミン、成長因子などを含む培養液が欠かせない。特に心筋梗塞(こうそく)などの治療でiPS細胞から心筋細胞を作って移植することを想定すると、患者1人あたり50~100リットルの培養液が必要。従来品は1人分1千万円程度とみられるが、今回の開発で100万円程度に抑えられるとしている。細胞を効率よく増やす性能を約3倍にし、製造コストを約3分の1にした。慶応大が必要な栄養成分を細かく分析し、味の素が高価な成分を自社生産するか、代替成分を開発することでコストを減らしたという。

ただし、気になるのは保険が「適用」となるのか「適用外」となるのかという問題です。財政状況から考えて恐らく適用外となるのではないかと思いますが・・。

人口60億人の現代において、すべての人々が幸せになるというのは物理に考えても難しいわけですが、技術の進化により悲惨な臓器ビジネスの犠牲者が少しでも減ることを願うばかりですし、日本はこういった新しい技術で世界をリードしていくことは、日本の生存においても大変重要なポイントとなりそうです。1995年、オーストラリアを訪問した中国の元首相・李鵬が20年後、日本という国は地図上に存在しないということを明言していましたが、あれから19年が経過し、いよいよ2015年が中国の元首相・李鵬がいう20年目にあたります。

中国の首相や軍の高官が、2015年には日本を地球上から消すと言っている【youtube】

実際に日本に住む中国人の数も100万人を軽く超え、国会議員や地方議員の中にも日本のためではなく他国にための代弁者として尽力する(活躍する)政治家が次々に出てきています。いよいよ外国人が政治に本格的に参入させるかどうかといった『外国人地方参政権の問題』次の都知事選でも大きくなりつつあります。



まずは、この週末の東京都知事選を見守りたいと思います。




U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事