不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2014年2月26日水曜日

32年連続!社長を生産し続ける福井県の秘密を探りたい


社長をバンバン排出する県として知られる福井県ですが、2013年の調査においても、各都道府県で人口10万人に占める会社社長の人数を比較した調査で、福井県が1457人で32年連続全国1位になっています。ちなみに、調査にあたったのは、民間信用調査会社の帝国データバンクです。

福井の経済―福井県はなぜ豊かなのか
松原 淳一
晃洋書房
売り上げランキング: 368,434


要因として、国内シェア9割以上を占めるメガネフレームの関連会社を中心に、県内に独立資本の企業が多いためと分析していますが、もちろんそれだけではありません。高い教育環境とその教育にドップリとつかれる環境が揃っているからこそ。
 

また、福井県民の堅実なお金の使い方というのも、無視できない要因だと思います。
私ども世代の代表的な社長さんといえば、アメブロでお馴染みのサイバーエージェント藤田 晋社長も確か福井県出身であったと記憶しております。ユーセンの宇野社長率いる人材派遣会社で頭角を現し、すぐに起業された方ですが、順風満帆ばかりではなかったということがご自身の本からも確認できます。


私個人としては、福井県の社長輩出の凄さよりも、打たれ強く、粘り強い県民性に関心がいってしまいます。起業することは、それほど難しいことではありませんが、苦しい時期に踏ん張れる社長と踏ん張れない社長で、その後の人生が大きく違ってくるような気がするからです。


夏はとんでもなく暑く、冬はとんでもなく寒いという厳しい環境だからこそ、こういった強靭な精神を持った方々が作られるのか、それとも他に要因があるのか?は非常に気になりますね。一言で言えば、ナヨナヨしていない、派手なイメージはあまりありませんが、根っこがとても強い、まさに両親が子供に求める最高の人物像を次々に生み出している県というのも、47都道府県の中で珍しい地域なのではないかと思います。


ただし、社長をバンバン排出しているイメージの強い福井県も、全国の会社で見ると県内出身者の社長は1万1640人で、全体の1・02%にとどまります。十分な数値だとは思いますが・・・。


社長になる人たちは、生まれながらの資質がゆえに、結果として社長となるのか?
それとも、置かれた環境から、社長にならざる負えないために、社長となるのか?


このあたりの追求もデータバンクには是非とも調査・分析して頂きたいものであります。


またこの調査では、女性社長の比率や社長交代率なども分析しています。女性社長は県内で802人おり、全体に占める比率は7・26%と全国並み。調査を始めた1990年(3・8%)以降緩やかな上昇傾向が続いており、全国的な傾向とも一致する。




このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事