new

【最新物件】住んで良し!貸して良し!

市況かぶかfx速報!2chまとめブログ

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

2014年2月11日火曜日

【原子力機構】リチウムイオンだけを通す特殊な膜!海洋資源日本の出番か!




電池の材料となるレアメタル(希少金属)のリチウムを海水から効率よく取り出す技術を開発したと、日本原子力研究開発機構の核融合研究開発部門(青森県六ケ所村)が発表していますね。機構は海水中に大量にあるリチウムを「低コストで採取できる技術だ」と鼻高々です。
関連記事はコチラ>>


新技術で試作したリチウム回収装置は、1辺約7センチの立方体。リチウムイオンのみを通す特殊な膜で内部を二つの区画に分け、一方の区画に海水、もう一方に塩酸を入れる。双方に電極をつけ、導線でつなぐと、導線に電気が流れるのに合わせ、海水に溶けた状態のリチウムが膜を通り、もう一方の塩酸が入った区画に移動する仕組みだそうです。

powertraveller.LTD パワーゴリラ 08290001000002
powertraveller
売り上げランキング: 20,067







中国からのレアメタル輸出制限は記憶に新しいところですが、もしも本当に低コストでレアメタルを採取できる技術を確立したならば、海洋資源豊富な日本においては大きなニュースとなります。エネルギー問題解決に関するニュースは、それだけ戦争の可能性が減ることにも繋がります。過去の戦争においても資源を断たれることがきっかけとなって開戦せざるおえない事態へと発展しましたから。。日本ではスパイ活動に対する法的な対応が確立されていませんでしたが、特定秘密保護法案の成立により今回の「リチウムイオンだけを通す特殊な膜」の技術もすぐに盗まれるといった危険性は随分と減るのではないでしょうか。


現在原発停止の影響により火力発電所からの電力供給が随分と増えています。従って火力発電で使用する資源の輸入が大きな負担となり貿易収支は赤字拡大中です。当然ながら電気料金に上乗せされ私たちの支払い負担がどんどん上がる傾向にあります。1日も早く海水から効率よくリチウムを取り出す効率的なシステムを構築して頂きたいと願うばかりです。


今年の夏も電気代に驚かされるのでしょうか。

【まとめ】高騰する電気料金とその対策
【原子力機構】リチウムイオンだけ通す特殊な膜を開発!
【日本 VS ドイツ】余剰電力買取価格を比較する!


【17% off】Power-Pond Pro LE-UBT40K-BK


ドカーンと値下がりしているのが分かります

意外とチェックされていないのが、Panasonicから出ている上記の『超』大型リチウムイオン電池です。なぜ、チェックされないのか?不思議で仕方ありませんが、日本の電気料金が高騰しているとはいえ、そこまで深刻と受け止められる事態でないことの裏返しであるのかもしれませんね。ちなみに、このバッテリー、40,800mAhでっせ!MacBookも簡単にフル充電できるだけのバッテリータンクであるにもかかわらず、なんと1Kgを切るというから驚きです。

さらに、このバッテリーのフル充電が完了する時間はわずか8時間。これを充電が無料でできるカフェで昼間にフル充電し、夜に利用する!なんてことをしたら、それは、それは、電気代が安くなることでしょう。





このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

今日の一歩が明日の三歩 | 不動産投資で給料以外に安定収益を!

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事