お知らせ

new

現在お知らせはありません。

2014年2月20日木曜日

【まとめ】高騰する電気料金の分析とその対策



2011年の震災以降、原発停止で足元を見られた日本は、産油国による油と天然ガスの値上げで4兆円もの余計な費用を支払うこととなっている状況が今も続いています。そして、原発停止で電力の供給に不安定さを抱えた東京電力は毎年少しづつ、少しづつ値上げを実行。普段あまり生活コストを意識しない方も、どうも電気料金が高くなってきているということに、そろそろ気づき出しているだろうと思います。
関連記事はコチラ>>




上記のグラフが直近の電気料金です。1KWあたりの価格が上昇していることがはっきりと確認できます。このようにグラフとしてみると、最近電気料金が高いと感じている方々もご納得頂けることと思います。


再生可能エネルギーの真実
山家 公雄
エネルギーフォーラム
売り上げランキング: 105,656




今年はさらに電気料金が高くなると予想する

今年はさらに電気料金が高くなるのではないか?と予測しています。その理由は複数ありますが、主な要素を書き出してみたいと思います。

  • 米国系の石油メジャーは日本のこの状態を好機として捉えていること
  • 原子力規制委員会の判断基準が非常に厳し過ぎること
  • 東京都知事選で舛添氏が当選したこと 

経済の原理は当然ながら、「何かしらの指標」があって価格を上げたり、下げたりといったことが行われます。この「何かしらの指標」というのが,上記であげた一部要因であり、この上記の点を踏まえ、今後予測できることは、日本の風潮であります。


原子力の活用が欠かせないとはっきり断言する田母神氏ではなく、どちらかというと後向きな舛添氏が東京都知事となったことは非常に大きいでしょう。東京都は東京電力の大株主でありますから。また、上記の点などから、日本国民の感情的には大きな声で原発再稼働しろ!という意見が起こりにくいことを諸外国に見透かされています。


ただし、日本人が原発再稼働なしに給料アップはありえないことを徐々に情報共有しだしていることも産油国ならびに米国系メジャーはしっかりと分析しています。よって、今のうちに荒稼ぎ!と考えるのであれば、今のうちに油や天然ガスの価格をできるかぎり高騰させておきたいと考えるのは、ビジネスとして自然な発想であります。

できた!電気代600円生活
できた!電気代600円生活
posted with amazlet at 14.02.20
はら みづほ
北海道新聞社
売り上げランキング: 49,770



まずは現状を知ることから!


節電対策を行う前に、やらなければならない重要な課題があります。それは、「現状を知る」ことに他なりません。1Kwあたりの電気代が本当に上がっているか?それとも、自身の使い方が以前とは異なるだけなのか?これを確認せずに、電気代をうまく抑えることなどできません。よい方法がいくらあろうとも、意識できないことは、うまくならないということです。

まずは、電気をどの程度利用しているのかチェックすることから始めてみましょう。

節電エコタイマーET55D
節電エコタイマーET55D
posted with amazlet at 14.02.20
リーベックス
売り上げランキング: 9,444



電気を大量に消費する奴や誰だ!ベスト『5』

  1. エアコン(暖房):230W:2933円/月
  2. MacBook Pro:38W:684円/月
  3. 冷蔵庫:35W:630円/月
  4. 液晶テレビ(使用時):122W:366円/月
  5. 洗濯乾燥機(洗濯+乾燥):884W:221円/月

TOP1はダントツでエアコンでした。あと、ここには登場していませんが扇風機も意外と電気を必要とする機器ですので、覚えておきましょう。電化製品がほとんどを占めていますが、現代は何事においてもペーパーレスの時代です。ペーナーレスの時代となり無駄な紙が必要なくなりつつあると思いきや、ペーパーレスにより常に必要となるのが電力です。特にスマートフォンやタブレットの液晶は、非常に電気を喰うことで知られています。

ですから、夜の作業はなるべく鮮度を落して作業するとよいかもしれません。ちなみに、日本で最も普及しているApple製品であるiPadを1年間利用した時(1日おきにフル充電)の電気料金は約320円程度となります。複数台のスマホ、タブレットを保有していたり、家族がそれぞれ保有していたとなれば、高々電気料金と侮れません。



電気料金の悩みのタネ!エアコン代を大幅に減らす方法

住居は子供が多いマンションを選ぶ

お子様がいるご家庭では、独身者の一人暮らしと比較して圧倒的に電気代がかかっているケースが多く、小さな子供さんがいるご家族などは特に部屋の温度に気を遣ってられます。このような家族が多く住まれるマンションのど真ん中なら、左右上下で暖房器具を利用される恩恵として、部屋がとても暖かいというメリットを享受できます。逆に一軒家は、こういった上下左右からの熱の恩恵を受けることができませんから、非常に電気代がかかることになります。

  • なるべく家族が多く住むマンションを選ぶ
  • 部屋はなるべく真ん中を選ぶ
  • 南向きなら、なお良し

外からの冷気を遮断する段ボールはバカにできないぞ

日本に限らず、なんらかの事情により路上で生活している方は、世界どこへ訪れてもいらっしゃいますが、彼らの多くは段ボールをうまく組み替えて寒さを凌ぐ術をもっています。段ボウルを巧みに組み合わせることで、生活空間へと変えてしまっている点は軽視できません。彼らは段ボールが持つ機能を非常によく理解しているように思えます。

よって、冷込みが厳しい夜などに、いかに暖房機器(エアコン)を利用しないようにできるのかがポイントです。この問題を解決してくれるのが段ボウルということになります。大きな窓があるマンションでは特にそのパワーを発揮することでしょう。

すーっと入ってくる冷たい冷気によりせっかくの恵まれた環境(上下左右が暖房を使ってマンション全体を温めてくれていること)を台無しにします。冷気遮断に抜群に効果的な段ボウルは是非ともうまく活用したいものであります。

その他、参考となる人気商品の活用もうまく取り入れてはいかがでしょうか。








ローヤル 窓ガラス用防寒シートお徳用
ローヤル化成
売り上げランキング: 142,303


【過去に書いた電気料金ネタ】

【節電】机上の空論!でも目安としては面白いかも・・・
【原子力機構】リチウムイオンだけを通す特殊な膜!海洋資源日本の出番か!


エアコン(冷暖房)をなるべく利用しない工夫を!

電気を最も消費するヤツらの正体がエアコンであることが判明したならば、後はどれだけ使わずに済ませるかの工夫が重要となります。上記で述べたように、冷気をシャットアウトできたとしても、本当に冷え込む時期・日(1月後半〜3月初旬)ということもあるでしょう。

そこで、室温17度まではダウンベストを着て寒さを凌ぐというルールを作ってみてはいかがでしょうか。ユニクロさんの製品は年々進化を続けており、フリースだけでなくダウンジャケットやダウンベストの完成度は目を見張るものがありますよ。モコモコし過ぎて体の動作に支障をきたすなどというイメージを持っている方なら、おそらくビックリされることでしょう。




同時に電子レンジで「チン」できて暖かいスリッパというのも、防寒には効果的であるかもしれません。カラダが冷える時は、どうしても足元から冷えますから。デザインがイマイチという意見もあるかもしれませんね。デザインを全く気にしない方には、価格も手頃ですし、電子レンジでチンするだけという簡単さは魅力かと。






2台持ちも珍しくないタブレット・スマホの充電代も侮れない!


エアコン同様に電気代を負担となっているPCやPC関連、テレビですが、意外と大きな電力料金の負担となっているのが、意外にもスマホやタブレットなどです。タブレットやスマホは、インストールしたアプリが勝手にアップデートを行ったり、なんやら個人情報をせっせとどこかに運んだりと、オーナーが知らないところで忙しく仕事をしているためです。

初期段階でプリセットされたアプリなどは、特に活発に活動していることも珍しくなく、キャリアのために強制的に挿入されたアプリを外すことができないのはもちろんのこと、そのアプリが勝手に活動して電気を喰うのですから、たまったものじゃありません。

そんなスマホやタブレットをいかに電気代をかけずに運用するか?と考えてた場合、電源の利用をOKとしているカフェで仕事の間にフル充電も終えてしまうというのがベストかと。さらに、スホマやタブレットに十分な充電がある場合は、夜の利用を見越して、モバイルバッテリーに電気を蓄積しておくというのも手かもしれません。(これが合法なのかどうかは分かりませんが、こういった光景をたまに目にします)

ただし、いくら無料で電源を調達できるといっても、バッテリーにカネがかかり過ぎたのでは本末転倒です。バッテリーを少しでも安い価格で購入できてこそ、そこに蓄電するための電源が利用できるカフェが活かされるということに繋がります。




参考価格:  ¥ 5,891
価格:    ¥ 1,380
OFF:    ¥ 4,511 (77%)


これまでなら、Panasonic製品でこの容量(5000mAhぐらい)なら、5,000円〜6,000円が相場だったと思います。実際に値下がり前の参考価格では、6,000円弱の価格が表示されています。


U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

【PR】年収1000万円以上限定コンシェルジュ

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

ラベル

GPIF (1) PR/告知 (2) SALE (10) アプリ (36) ウェブマネー (6) エネルギー (51) お給料 (50) お金全般 (272) ギャンブル (5) クレジットカード (11) ご挨拶 (9) ご相談 (7) セキュリティー (21) セミリタイア (5) セレブ (18) その他 (114) トラブル (61) トルコ・リラ (4) ビジネス (53) ポイントカード (1) リスク管理 (75) 安全保障 (25) 為替 (189) 医療 (2) 映画 (12) 仮想通貨 (1) 家具・食器・デザイン (6) 科学 (26) 海外移住 (2) 外貨 (2) 格付け会社/指標 (103) 確定拠出年金 (5) 活動報告 (23) 株価 (157) 株式 (7) 企業 (196) 給料 (12) 教育 (26) 教育費 (10) (7) 金利 (43) 銀行 (101) 経済 (227) 健康 (36) 雇用 (37) 公共事業 (7) 公務員 (6) 考察 (91) 国債 (6) 資産防衛 (7) 事件 (32) 社会保険 (23) 社会保障 (25) 就活 (4) 住宅ローン (23) 書評 (8) 少子化対策 (1) 証券 (7) 上場・IPO (1) (39) 新商品 (21) 政策 (190) 政策金利 (25) 政治 (77) 生活 (296) (98) 節税 (8) 節約 (72) 相続 (6) 相続税 (2) 太陽光発電 (1) 脱税・税務調査 (11) 値下げ (74) 値上げ (12) 駐車場/コインパーキング (1) 貯金 (45) 賃貸 (1) 通貨 (14) 電子マネー (16) 都市開発 (2) 倒産/破綻 (4) 投資 (256) 投資信託 (20) 動画 (8) 年金 (9) 買収 (3) 不動産 (166) 富裕層 (34) 勉強会 (1) 保険 (24) 貿易収支 (3) 無料 (21) 有給休暇 (4) 要人発言まとめ (21) 老後資金 (25)