new

【最新物件】住んで良し!貸して良し!

市況かぶかfx速報!2chまとめブログ

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

2014年3月2日日曜日

【タイムセール残りわずか】6万円以上の割引!節電投資は最も効率が良い確実な投資先!Goal Zero Yeti 1250 Solar Generator 家庭用蓄電池 約1250Wh 日本仕様品

ノートPCを20回分 フル充電が可能!




今年も電気料金が高騰する可能性が高い中、電力(エネルギー)関連への投資は、最大にして確実な投資先であると言えそうです。

ただし、最も効率が良い投資にしようと考えた場合、その機器(ソーラーパネル/蓄電器)をいくらで購入するか?ということが最も重要となってまいります。いくら自然エネルギーを活用したといっても、電気料金以上の費用を投じて機器を購入したのでは、まったく意味がありません。機器の使用対応年数の半分、もしくは3分の1程度の価格で購入できれば理想です。ただし、こんな都合の良い価格で機器メーカーも売り出すはずがなく、供給過剰でも起こらないかぎり価格を下げるなんてことは絶対にしたくないはずです。


そんな中、全米で大きな信頼を得ている機器メーカー『Goal Zero社』がGoal Zero Yeti 1250 Solar Generator 家庭用蓄電池 約1250Wh 日本仕様品 AC(100V/最大1200W/正弦波) 日本正規代理店品 BT091 63205(通常180,000円)の蓄電池をAmazonタイムセールにて35% OFF(63,000円)で提供しています。(別途消費税はかかります)












賢い方々の考えることは、皆同じでありますので、タイムセールでGoal Zero Yeti 1250 Solar Generator 家庭用蓄電池 約1250Wh 日本仕様品 AC(100V/最大1200W/正弦波) 日本正規代理店品 BT091 63205が出品された途端、2時間ほどで半分以上が売れている状態です。




現在は、出品の66%が完売している状態です。円安の影響で本来ならば、値段が高騰してもおかしくない商品ですが、タイムセールで逆に大幅な値下がりとなっている状態です。このタイムセールと同時に、GOALZERO 純正 Nomad7 V2 高出力ポータブルソーラー発電機 GZ-12301 後継機種 正規輸入代理店サポート対応 日本語マニュアル 1年間保証書付き GZ-1180041% offとなっているのも見逃せません。




Yeti 1250 Solar Generatorの製品情報はコチラからどうぞ。

株式会社アスク製品情報ページ
アスク、ノートPCもTVも同時に使える米GOAL ZERO社製パワフルポータブル電源「Yeti 1250 Solar Generator」来月発売(エルミタージュ秋葉原)
屋外でPCどころか冷蔵庫やテレビまで使える夢の大容量ポータブル電源(週アス プラス)


対応する太陽光パネルは?

Yeti 1250 Solar Generatorの購入により蓄電は可能となったところで、太陽光を取込むためのソーラーパネルが必要となります。Goal zero社は豊富はソーラーパネルを商品として持っているだけでなく、商品の組合わせが自由である点、またソーラーパネルの連結が可能である点など利点もあります。人気のノマド7も良いですが、大容量の蓄電が可能なYeti 1250 Solar Generatorをフル活用したいなら、Yeti 1250 Solar Generatorに適したソーラーパネルを活用したいところです。




GOAL ZERO 高出力ソーラーパネル Boulder 30 Solar Panel (ボウルダー)を2枚活用した時のYeti 1250 Solar Generatorフル充電の目安が18時間〜24時間となっています。直射日光を取込める時間は1日あたり3時間〜6時間程度でありますので、いかにYeti 1250 Solar Generatorをフル充電させることが大変であるかが分かると同時に、蓄電さえ完了すれば、災害にも心強いかが分かって頂けると思います。






U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

今日の一歩が明日の三歩 | 不動産投資で給料以外に安定収益を!

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事