不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2014年3月24日月曜日

「考える週」を実践するビル・ゲイツ氏は理にかなった行動派かもしれない



気持ちのはいった仕事を続けられる人こそ、高い生産性を生み出すのだろうということは想像がつきますが、問題はどうしたら気持ちのはいった仕事を継続できのか?という問題です。



どんなに新しいことを生み出すことができても、その生み出された方法や仕事が有効であるのは、長くても1年、早ければ半年も経過しないうちに次のチャレンジを見つけ出し、挑戦する必要が出てまいります。これを繰り返し、継続するというのは本当に困難なことですし、自身では新しい挑戦をしているつもりでも、いつの間にかマンネリ化している恐れがあります。マンネリ化した仕事など当然の如くお客様が嬉しいはずもありませんから、望むような結果が生まれる可能性も少ないと言えます。



さて、そんなマンネリ化から脱却し、全く新しい発想で仕事に取組む方法がライフハックさんで取上げられています。


ポール・スローンの思考力を鍛える30の習慣
ポール・スローン
二見書房
売り上げランキング: 6,850





ビル・ゲイツが実践する「考える週」で人はもっとクリエイティブになれる(ライフハック)


この方法はシンプルで、1週間ほど作業から距離を置き、クリエイティブなエネルギーを取り戻し、頭を休めるというもの。注意したいのは「これは決して休暇ではない」ということです。休暇は色々な体験をして楽しむことに趣きを置きますが、考える週は他人と少し距離を置き、静かな時間を過ごしつつ、やらなくてはいけないことに着手する時間です。



こういった週間を作ろうと考える時点で、発想が違うわけですが、実は仕事ができる人や仕事を楽しんでいる人は、こういったことが自然に生活の中で取り入れられていたりするのではないでしょうか。あらためて方法論として意識してる人は多くはないと思いますが、自身と対話をしながらスケジュールを作っていくというビジネスマンはビル・ゲイツ氏だけではありません。



同様のことをSONYの元代表取締役である出井氏も、似たようなことをおっしゃっていましたし、メジャーリーガーのイチロー選手も表現は異なるものの、独自のサイクルを持っているというお話をテレビでされています。燃え尽き症候群は生産性を維持したい人にとって大敵です。仕事を楽しむためにも、生産性は欠かせませんし、生産性を生み出すためにはクリエイティブな思考を持てるサイクルが欠かせない要素となってまいります。


こういった発想を記事にして頂けるのは、本当にありがたいことであります。
やってる人にとっては、珍しい話ではありませんが、こういったサイクルを意識したことがない人にとっては素晴らしいヒントです。


「思考」のすごい力
「思考」のすごい力
posted with amazlet at 14.03.24
ブルース・リプトン
PHP研究所
売り上げランキング: 9,132



U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事