不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2014年3月27日木曜日

【増税目前】お子様がいる家庭は申請をお忘れなく!『子育て世帯臨時特例給付金』のすすめ!



消費税増税を目前に控え、スーパーなどでの買い溜めで人がごった返していますね。

さらに2015年10月には10%にあがることも予定されており、その他、所得税があがったり、厚生年金保険料も多く徴収されることも決定しています。
関連記事はコチラ>>


実は、消費税増税を決定したのは民主党政権時代にさかのぼる。自民党、公明党、民主党で3党合意のもと決定したわけでありますが、消費税増税による対策もしっかりと準備されているようです。経済対策も然りですが、一般家庭が実感しやすい『子育て世帯臨時特例給付金』という制度が、厚生労働省はホームページで紹介されています。

子育て支援の社会学―社会化のジレンマと家族の変容
松木 洋人
新泉社
売り上げランキング: 254,079





【厚労省HPより抜粋】

平成26年4月から消費税率が8%へ引き上げられますが、子育て世帯の影響を緩和し、子育て世帯の消費の下支えを図る観点から、臨時的な給付措置として行うものです。

ただし、黙っていれば誰でももらえるというわけではなく、しっかりと申請する必要があるようです。

支給対象者は、原則として、基準日(平成26年1月1日)時点の住所地の市町村(特別区を含む。)に対して、支給の申請を行います。 申請を受け付けた市町村は、児童手当の受給状況、平成25年の所得、臨時福祉給付金の受給資格等について審査の上、支給対象者に対して支給を行います。


優雅に余生を生きる団塊世代と異なり、現在の子育て世代はまさに貧乏くじ世代といっても過言ではありません。4,000円ランチを食べながら、30代、40代へのダメ出し、愚痴を言っている会話もたまに目にしますが、人口が減ったから、他国から人間を輸入しようでは、日本人が自然消滅することすら、前提としているような解釈にも受け止めることができてしまいます。ロシアしかりフランスしかりですが、子育て世代への1万円に満足することなく、現役世代はもっと100万円〜200万円の単位で政府に支援を要請してもよいのではないでしょうか。


とりあえず『子育て世帯臨時特例給付金』は1万円の支払いですが、20代、30代、40代の現役世代がもっと選挙を真剣に行えば、20代〜40代を無視できないと考える政治家が増える可能性だって出てきます。取られる税金は、今後も増えるばかりです。この税金の分配をしっかりゲットするには数の力が大変重要となってまいります。


社会で子どもを育てる―子育て支援都市トロントの発想 (平凡社新書)
武田 信子
平凡社
売り上げランキング: 319,938



U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事