不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2014年4月14日月曜日

【2014.4.14 重要指標】シティグループ、1-3月期決算発表、米3月小売売上高etc




4/14(月) 〔予想〕 (前回)

08:01 英4月ライトムーブ住宅価格 〔-〕 (+1.6%)
18:00 ユーロ圏2月鉱工業生産 〔+0.2%〕 (-0.1%)
21:00 シティグループ、1-3月期決算発表
21:30 米3月小売売上高 〔+0.9%〕 (+0.3%)
21:30 米3月小売売上高(除自動車) 〔+0.5%〕 (+0.3%)
23:00 米2月企業在庫 〔+0.5%〕 (+0.4%)
翌3:00 ノワイエ仏中銀総裁、タルーロFRB理事、ビナルスIMF金融・資本市場担当ディレクター、講演


クロス円は依然としてはっきりしない相場が続いています。

記になる豪ドルですが、メルボルン インスティチュートは、消費者インフレ期待は2013年9月につけた1.5%から少しずつ上昇しましたが、豪準備銀行 (RBA)が目標とするインフレ率2%~3%の中央値2.5%の下に位置しているため、経済成長は穏やかに拡大を続ける予想しています。

また、ファーストリテの下落が止まらない状況です。前場-1180円の下落で日経平均株価を約-46円押し下げました。日経平均株価は、ファーストリテなどの値がさ株の下落で、前場13944(-15)円と先週末同様14000円切れとなったまま。







この背景には、ウクライナ東部でロシア系勢力が行政庁舎を占拠し、排除のため、実力行使懸念の憶測が広がっている。そのため短期的には比較的安全通貨の円が買われ、米ドル、ユーロに対して円高が解消されないため、輸出関連株など日本株が上昇しない理由と考えられます。


もう一つの理由は、米国の4月15日が個人の確定申告期限のため、昨年度の株式利益の納税資金を捻出するため、米株が大幅に売られ、連動している日本株が売られたという理由が想定できます。


難しい相場はまだまだ継続しそうです。



U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事