お知らせ

new

現在お知らせはありません。

2014年4月30日水曜日

【税務調査】ベトナムで「外資系企業の83%が脱税」税務局調査・・・





行過ぎた節税対策を行う方々にとっては、国税局に対し敵視する傾向があります。


富裕層への課税ルールは非常に厳しいものがありますが、そこから上がってくる税金が莫大な金額となるからこそ、日本の世界での優位さを維持できることに加え、資金で日本を買収するということもできにくい仕組みになっているのではないでしょうか。




参考⇒



その税の回収を一手に引き受けているのが日本の国税局であります。

その優秀さは世界でも屈指であるからこそ、現在の日本の立場が維持できているといっても過言ではありません。今回のベトナム政府による税務調査で外資系企業の83%が脱税を行っていたことが明らかなり、ベトナム国内では大変な問題となっていますが、日本の国税局との実力の違いをマジマジと見せられた気がします。



国税局直轄 トクチョウの事件簿
上田 二郎
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 290,183




【国税局査察部に関する関係記事】




ベトナム税務総局によれば、最も頻繁に使われる脱税の手口は、他国のグループ会社との移転価格の操作。さらにサービス業や消費財では、親会社に対するロイヤルティーを高く見せかける手法もよく用いられていたとのことですが、日本の国税局には、まずこういった手口は一切通用しませんし、当局の方々であれば「少しの手がかり」瞬時にこういった意図を見抜く実力を備えている方々ばかりです。


よって国税局への批判ばかりが目立ちますが、もっと優秀さとその貢献、そして彼ら実力に対し敬意をもつ見方があってもよいのではないでしょうか。


ちなみに、は調査結果を受けてベトナム税務総局は、720社に対して計4,000億ドン(1,900万米ドル、約19億5,000万円)の遡及課税と追徴課税を課すことを決めたとのこと。


当然だと思います。

参考⇒




国税記者  実録マルサの世界
田中 周紀
講談社
売り上げランキング: 139,239



U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

【PR】年収1000万円以上限定コンシェルジュ

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択