不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2014年4月9日水曜日

【docomo】最後の切り札へ!




docomoがいよいよ最後の切り札を着手します。
関連記事はコチラ>>



これまで、30秒単位で○○円とされてきた通話料がいよいよ定額制となる模様。当然、auやSOFT BANKも対抗処置が取られるはずですので、日本でも通話料定額制の時代が!


完全定額制は、スマホの場合、月2700円程度でドコモや他社の携帯、固定回線への国内通話が話し放題となります。データ通信などを入れると、月々の負担額はスマホ1台が最安約5900円となり、現在の一般的な利用料金の月約8千円強に比べ安くなる模様。


通話料を0にする スマホ秘テク (三才ムック vol.493)

三才ブックス (2012-04-17)
売り上げランキング: 1,072,308




しかし、docomoをはじめとするキャリア各社は、インフラ事業以外での収益モデルをこれまで以上に確固たるものにする必要がでてまいりました。ソフト系やiTunesのようなビジネスモデルは、米国が圧倒的に強い状況です。SONYもウォークマンでは、巻き返しをはかっていますが、肝心の管理ソフトの完成度が今ひとつといった状態。。SONYはヒットしなかった製品に対しては、ソフトウェアなども完全にほったらかしという点がユーザーから信頼を勝ち取れない要素になっているのではないでしょうか。


効率、効率の追求がゆえに、ヒット商品でない購入者たちの信頼を大きく損ない、結果として全体としてのパイ自体を失うという悪循環は他業種といえども大きく学ぶべき点であるかもしれません。


会社は変われる! ドコモ1000日の挑戦
魚谷 雅彦
ディスカヴァー・トゥエンティワン
売り上げランキング: 6,008




U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事