不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2014年5月11日日曜日

中堅住宅メーカーのバス見学会に行ってみた




消費税が8%に増税されたとはいえ、不動産を買いたいという需要は止まるところを知りません。2015年より対象者が拡大する相続税対策も関係しているとは思いますが。。

さて、中堅住宅メーカーがバスを貸切『見学会』を行うというので参加してまいりました。
関連記事はコチラ>>


午前9時半より大型バスが住宅展示場で待機。
参加人数は10名前後でしょうか。

ご年配の方から、若いご夫婦まで参加されていました。バスで走ること10分、1軒目は、現在建設中のご自宅を見せて頂けるということバスを降りて5分程度歩きます。




都内某所の閑静な住宅街は、のどかな休日の雰囲気に満ちています。
すぐ左手には小学校があり、まさにファミリーの街といった様子です。

ニッポンの注文住宅 2014(リクルートスペシャルエディション)
suumo
リクルートホールディングス (2014-01-27)
売り上げランキング: 160,114







到着後、営業のご担当者様から物件についての情報を頂けました。
右側でヘルメットを被っている方は現場で建設を担当する建築士さん。

こちらの住宅メーカーさんは現場の方が非常に真摯で丁寧に説明をしてくれていました。現場で実際に建築にあたっているご担当者様の紳士的な対応は、これからマイホームを検討している方にとって大きな安心感に繋がったと思います。


建築に使う材料には自信があるとのお話でした。


こちらのお客様は、木材を国産の杉を利用することで、申請後に還付金があるとのこと。最近は政府も「安い材料で建てては壊す」という流れから、中期長期で利用できる住宅を推進する傾向にあるようです。


英国などを中心としたヨーロッパでは、何年も古い家を手直しして利用するといった風潮が根強いですが、日本の建設業界も一昔前の日本の流行に戻したいという政策であるようです。



恐らく、高品質な建物が増えていくことで日本の・・、特に東京の「街の価値」、「不動産の価値」を高めていきたいという政府の意図があるのかもしれません。また、20年〜30年周期でブリング&クラッシュを繰り返す流れにより、住宅を購入するよりも賃貸の方が安全で安いという風潮に風穴をあけたいのかもしれませんね。




経済指標の中でも、各国のGDPに大きく影響するのが『住宅着工件数』です。

グローバル経済では、一極集中した資本をいかに呼び込むかという流れを作る作業は非常に重要であるわけですが、外国資本を見据える上でも、自国における『住宅着工件数』は着実に伸び続けなければならないという現代の特殊な事情が関係してまいります。

一見、住宅の販売数と失業率はまったく関係ないように見えますが、業界を問わず実は根っこでは相関関係にありますので、



こちらは断熱材ですね。

こちらの住宅メーカーでは、断熱材を1階と2階の間にもふんだんに活用しているようです。理由は、2階部分での熱が1階へ逃げないようにするため。もう一つの理由が結露などを最小限にとどめる目的でるとの説明でした。

個人的な意見はあるものの、まずはメーカーの主張をしっかりと受け止めてみました。


一つ、一つの仕事(仕上がり)は比較的キレイに行われておりました。
見学会でお見せする現場ということは当然あると思いますが・・。



よく聞く話として、使用する木材においては、木が反り返りドアの開閉に影響がある!などという話がございます。特に安い住宅メーカーにおいては、買ったときの価格メリットよりも、すぐにダメになって修理する費用の方がバカにならないといったケースもごじいます。

木材を含む材料費が高騰する傾向にありますため、このあたりのリスクはしっかりと見極めていかなければなりません。

 資材の置き方は、特に注意して見て頂くと良いと思います。

キレイに整頓ができている職人さんは、まず仕事ができる職人さんであると考えて間違いないと思います。逆にこういった資材がバラバラに置かれていたり、周辺の掃除が行渡っていない職人さんの仕事ぶりには要注意と考えるべきです。



こちらのメーカーさんは、室内への風の取込みにおいては、非常に優れているといった印象でした。こちらの物件以外にも室内への風の取込みはどの物件も共通してうまく抜けている印象です。




ちなみに、こちらのお宅で本体で4000万円台ちょっとだそうです。
2世帯ということと70坪という広さを考えますと妥当の数字かと。



約40分ほどの現場見学が終了し、バスへと向かいます。

見学した方それぞれが、それぞれに思うところはあったようですが、見学会は予定通り順調に進み、成功といったところでしょうか。


バスに到着後、お弁当が一人一人に配られました。見学会でエネルギーを遣ったあとということもあり、ありがたく頂戴しました。さらに、終了後アンケートに回答し今回の見学会は終了です。

最後に一人一人にお土産まであるのにはびっくりですね。
品物は某有名なメーカーのバームクーヘンでした。





U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事