不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2014年6月18日水曜日

【米国立がん研究所(NCI)】座って仕事ばかりしていると癌を発症する確率が高まるのだとか・・・




モバイルやPCでの作業が必須である現代社会において、ある程度の座りっぱなし作業は避けて通れないですよね。


しかし、米国立がん研究所(NCI)の学術機関誌に掲載された新たな研究結果で明らかになったのは、長時間の座りっぱなしには、ある特定の種類のがんを発症するリスクが高まる可能性があることが指摘されています。1日に座っている時間が2時間増えるたびに、どんな種類の癌のリスクが高まるのかというと・・・。
関連記事はコチラ>>



ガンにならない ガンを治す 血液をつくる (KKロングセラーズ)
PHP研究所 (2014-03-20)
売り上げランキング: 32,488





  • 肺がんの6%
  • 大腸がんのリスクが8%
  • 子宮内膜がんのリスクが10%



しかし、乳がんや直腸がん、卵巣がん、前立腺がん、非ホジキンリンパ腫(しゅ)に関しては、このような関連性は見られなかったとのことです。


研究者らはこの結論を導くために、400万人以上の被験者と6万8936人のがん患者を含む43件の既存の研究を分析し、座っている時間と特定の種類のがんの発症率との関連性を調べたようです。しかし注意すべきは、たしかにこの研究で座っている時間と一部のがんの発症率の間に関連性は確認されたが、因果関係が証明されたわけではないということです。


がん放置療法のすすめ―患者150人の証言 (文春新書)
近藤 誠
文藝春秋
売り上げランキング: 3,680


ただし、この着眼点は軽視できず、特徴をしっかりと抑えた上での結果であることは間違いなさそうです。そもそも、本来人間が座りっぱなしで生活するようになったのは、ここ20〜30年程度の話です。それまで、せっせと汗をかき、カラダを使って労働することが自然でありましたから。進化の過程において、急激な生活の変化でカラダになんらかの異変が起こっていたとしても、こっちの方が納得できそうです。



確か、老ける要素をまとめたデータにも、座りっぱなしという項目があったのを思い出しました。モバイルやPCが中心が仕事にとって必要不可欠である今だからこそ、本来の生活パターンをもう一度見直していきたいところです。



抗がん剤だけはやめなさい (文春文庫)
近藤 誠
文藝春秋 (2013-10-10)
売り上げランキング: 5,120




U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事