new

市況かぶかfx速報!2chまとめブログ

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

2014年6月2日月曜日

「白元」創業者の孫 → 慶応大経済学部卒業 → 都市銀行 → ハーバード大学MBA →四代目社長就任 →不正経理処理 →破綻・・・




MBAが会社を滅ぼす マネジャーの正しい育て方
ヘンリー・ミンツバーグ
日経BP社
売り上げランキング: 67,456


御曹司が会社を潰すという話が後を絶ちませんね。


注目すべきは、『有名大学 → 金融機関 → 留学 → MBA取得』 というパターンが多い点です。


日本はまだまだ学歴社会が根付いていますので、通常の感覚ならば『なぜ?』という言葉が最初にくるのではないでしょうか。


破綻した白元の御曹司社長(鎌田真氏)もそんな「なぜ」の一人でしょう。
白元といえば、非上場ながら知名度が高く、防虫剤「ミセスロイド」はあまりにも有名。
関連記事はコチラ>>



世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?
戸塚隆将
朝日新聞出版 (2013-08-07)
売り上げランキング: 1,641




四代目にして有名会社を破綻に導いた御曹司社長(鎌田真氏)が作り出した負債額は約255億円。パラゾールやアイスノン、ホッカイロ、ソックタッチなどのヒット商品がありながら、この負債額こそ「なぜ」という疑問が沸々とわいてくるのではないでしょうか。


民放テレビ局の女子アナとの交際も報じられるなど華麗な交友関係でも有名だった点においては、王子製紙の御曹司 井川意高氏と類似するところがあります。


熔ける 大王製紙前会長 井川意高の懺悔録
井川 意高
双葉社
売り上げランキング: 1,705









U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事