お知らせ

new

現在お知らせはありません。

2014年7月29日火曜日

【中堅ゼネコン社員の本音】インタビューから分かった投資家の方々へ抑えておいて頂きたいコレラの背景・・・




いよいよ不動産を買いたくとも買えない状況が現実的となりつつあります。


まず新しい建設を行う「場所」がないことも深刻でありますが、報道されている以上に問題であるのが、人材が集まらない現場の深刻な状況です。大手ゼネコンの現場ですら、募集のコストをいくら吊り上げても職人さんが集まらないという状況は改善できず、納期の遅れにより赤字の現場もたくさん報告されています。


受注して、工事をやったら赤字になってしまったと・・・。



週刊 東洋経済 2013年 12/7号 [雑誌]

東洋経済新報社 (2013-12-02)


参考⇒
不動産投資とは「時間をかけて現金を不動産に置き換える作業」+「第3者の支払により毎月の自腹が圧縮されるビジネス/運用」だ!

参考⇒




日本のゼネコン―その歴史といま
岩下 秀男
日刊建設工業新聞社
売り上げランキング: 749,801




中堅ゼネコン社員の今の心境



本日、打合せさせて頂きました企業の担当者も同様(人材の問題)の問題で、非常に頭を抱えていることを打ち明けておられます。オーナー様や企業様からの問合せや依頼は非常に増えているとのことですが、人材(職人)を確保できない以上、発注頂く前段階で計画が頓挫することが多いのだとか・・・。


また見積書を出すも、人件費だけで1.3倍〜1.5倍へとコストが高騰しています上に、エネルギーコストの高騰により鉄鋼などの資材でさらにコストが上乗せ(高騰)されていくという状況に、オーナー様も企業様もドン引きしてしまうようです。


報道では職人さんの人件費高騰や人材不足などが集中的に報じられたこともございましたが、職人さん確保の人材問題は、今も深刻さを克服できずにいるというのが実情です。おそらく、現在のような状況は、過去30年間を振り返り、ほとんど経験したことのない状況かと。



人材危機 建設業から沈む日本

日経BP社
売り上げランキング: 17,913



参考⇒
仕事があるぞーー!求人倍率6年6カ月ぶり高水準です

シニア世代は『投資』や『税』のお得情報に敏感!!これぞ『年の功』ということなのか?

2018年後半の株価・為替を考えるときに参考にしたい2014年・秋の3つの出来事




PR広告



⬇ 住宅ローンの見直しはコチラ ⬇




売却のタイミングを見計らっておくことと同時に住宅ローンの見直しについても定期的に確認してみることで、年間数万円以上が節約されるというケースは珍しいことではありません。ただし、住宅ローンの見直しをわざわざ調べるのがめんどくさいという声があるでしょう。

しかし住宅ローンの見直しで節約できる金額は、食費や日常生活での節約の比ではありませんので放置しておいて良い問題でもありませんよね。その場合、住宅ローンを見直し、最適化してくれるサービスを利用するのも一つの方法です。

まずはどの程度の節約が可能になるのか?などウェブで調べることが可能です。
サクッと見直したあとは、見込みがあるようなら具体的な相談を申請しておきましょう。

サクッと確認する⬇
安心×確実×手間なしの「住宅ローン借り換えセンター」


================================================
概要
================================================
・ローンの借り換え代行業務を通じて"家計費負担を減らす”お手伝い事業を展開
・もしも利息が削減できなければ一切費用が一切かからない
・5,000円分のクオカードプレゼントあり(期間限定)
================================================






民主党が破壊した建設業界破壊の影響は投資家や個人を直撃する・・・



ご担当者曰く、2009年以降の民主党政権による『無駄をなくします』宣言による徹底した建設業界破壊政策は、想像以上に深刻な傷跡を残すこととなったとのことです。『建設会社=無駄遣い』を徹底する広報活動を行った結果、中堅ゼネコンだけでも半分以上が倒産したとのこと。

またドル円が70円台後半や80円台をうろつくようでは、デフレはさらに進行してしまうため、遅かれ早かれ100円〜103円程度には戻さなければならなかったわけですが(デフレが続けば失業や資産の目減りへ)、ドル円が正常なレートとなれば、当然ながら建設や不動産へのニーズが高まってまいります。

しかし、一旦、途切れた技術の継承(倒産したゼネコン)を復活させるには、時間とコスト、さらに手間が非常に大きな負担としてのしかかるわけです。円高→円安へ触れるということは、少なくともインフレ傾向が生じるということであり、円安へ向かう過程の中で、貯蓄は着実に目減りが生じることとなり不動産のニーズが高まることへと繋がります。


よって、貯蓄が多い方やこれから貯蓄しようと考える方ほど、不動産などを活用が求められます。誰もがインフレリスクを回避できるな方法を模索しますから。また原発の多くが停止している状況での円安の流れは、エネルギーコストを押上げますので、着実に新しい建設コストへと反映され、建設費の高騰を招きます。

中古物件や既存物件も例外ではなく、建設コストを高騰を受け、着実に新築物件以外のコストも高騰するという仕組みです。従って、「無駄を省く」をキャッチにして政権に君臨した民主党ですが、「何を無駄と判断するのか?」といった根本的な問題があったと担当者は嘆きます。。


参考⇒
累計目標は6.8兆円に向かって順調に!ETFの買い増し今年すでに4765億円なり!REITは・・・

参考⇒
不動産投資とは「時間をかけて現金を不動産に置き換える作業」+「第3者の支払により毎月の自腹が圧縮されるビジネス/運用」だ!




それでも適正価格/好立地で物件(商品)を提供し続けることができる企業は貴重な存在です


買いたくとも買えない状況が深厚さを増す中、都内の好立地において品質の良い物件を提供し続けることができる不動産会社は非常に貴重な存在であると言わざるおえません。多くの不動産会社は、ワンルームマンションにおいても価格を引上げていますし、価値が見出せない中古物件を高値で売買する業者も目立ちます。


そんな中、『最寄り駅まで徒歩1分』『高品質』な物件を提供するなど、業界でも注目度が高いA.Lがまたしても新しい動きを着々と進めているとのことです。代表取締役の下山氏が徹底的に拘る物件の精査と調達能力には業界でも評価が高く、次の取扱い物件においても、すでに問合せがよせられています。


都内でも「価格」「立地条件」「物件のクオリティー」の3つがバランスよく提供されている会社は少なく、それだけ価値とコストに見合った物件(商品)を提供できていない企業がほとんどであることを浮き彫りにしています。




参考⇒
【マメ知識】「ご自宅や土地を相場より1円でも高く売るためのコツは事前の準備とは?」
参考⇒
【マメ知識】知らないと後悔?自宅を相場で売れない代表的な2つのケース





⬇ おすすめの査定はコチラ ⬇
========================================
住友不動産販売のカンタン無料査定はこちら

========================================
不動産価格の下落傾向をご心配の方や売却のタイミングに注意しておきたい方は査定が無料ですので、お気軽にご活用ください。なお、「今売ったらいくら?」といった査定は大手でなくても地元で優秀な不動産会社があれば、そちらで査定頂くこともおすすめします。

大手不動産会社を活用するメリットは、「情報量」と「購入者希望リスト」を多く保有している点が最大の利点です。
特に売却のタイミングを見極めたい方にとっては「情報」とくに下落傾向のシグナルは見逃すわけにはいきませんからね。

また大手不動産会社は、コンプライアンスが厳しいことと個人情報の管理が徹底されています。
不動産の売却査定情報は、重要な個人情報ですので、管理が不安な不動産会社では気軽に査定をお願いしないことをおすすめします。

========================================









不動産の活用をもっと勉強してみたい方へ≫

1億円以上の資産を保有する方々の不動産割合は約50%、5億円以上の資産を保有する方々の不動産保有率は約70%といわれるほど資産家と不動産は切り離して考えることはできません。

なぜ資産家は資産割合を現金ではなく、株式でもなく、不動産で保有したがるのでしょうか。
それには日本国内の独特のしきたりや制度が関係しています。

また一般的に誤解されていることとして、「1億円以上の資産を保有している方々は代々相続で資産を継承した!」と思われがちですが、実はこれは誤解です。1億円以上の資産を保有している方々の約半分48%の方々は相続ではなく、個人で資産を増やされた方ばかりなのです。

驚かれるかもしれませんが、1億円以上の資産を作られる方々は決して年収が高い方ばかりではありません。

彼ら(1億円以上の資産を保有されている方々)が他の方々と大きく異なる点は、「お給料(労働収入)ではおカネは貯まらない」ということに早くから知り、気づいている点です。労働収入(お給料)への課税と社会保険料は自動的に天引きされており一般の方々がどのくらい課税されているのかを意識させない制度となっているのが特徴です。

つまり取られっぱなしでも気にしない、気づかない方々こそがおカネが貯まらないのです。


労働収入(お給料)と社会保険料はもらうお給料に準じて支払う割合が高くなる「累進課税制度」となっています。ですので、ちまたでは年収が多い/少ないばかりが騒がれますが、会社でのお給料(年収)をあげることに視点が向いていてはおカネはなかなか貯まらないというカラクリです。


稼げば稼ぐだけ負担は大きくなります。
保育園料が最大6万円/月というのは有名なお話ですね。

年収が1000万円の場合、ざっくりですが手取りは682万円です。

ここから保育園料が毎月6万円もかかりますので、年間で72万円。
お子様がいらっしゃれば、手取り600万円です。

だから不動産の知識が必要となるのです。

世界にはいろいろな投資商品がありますが、資産運用をするのに、銀行が低金利で資金を貸してくれるのは日本だけなのです。だから日本でサラリーマンとなったからには、銀行の融資を活用しない手はないというわけです。

不動産を勉強されたいという方は、まずは色々な講師のノウハウや知識を取得することがもっともはやいと思います。しかし不動産セミナーも良いセミナーからおすすめできないセミナーまであり、そこは選別していきたいところですね。


不動産セミナーの注意事項はこちらでまとめられています。

どうぞご参考に。

参考⇒
【ハウツウ】「講師のココに注目!不動産セミナーの選び方と注意点」(新宿・渋谷・大阪)
参考⇒
【コラム】Seminar(セミナー)を2倍有意義な機会とするために行動したいこと
参考⇒
【コラム】セミナーや勉強会に積極的に参加する人たちは、思わぬ相乗効果を得ている




【PR】おすすめの不動産投資セミナー≫

※ここで不動産投資セミナーのご紹介をさせてください。
こちらから下は不動産投資セミナーのご案内となります。

不動産投資に関心はあるが、まだ不参加です!という方にとって、不動産投資セミナーをどうっやって選んだらよいのか?は悩ましいところ。ゴリゴリのセールスをされても怖いですし、投資スタイルによって、セミナー選びも変わってきますからね。

何をどう目安に選択したらよいのか?というのは想像もつかないかもしれません、という声は実は多いんですね。

過去のエントリーでも少し触れましたが、売却益に重点をおき物件を探したいのか、または長期の所有により着実な家賃収入を積み上げていきたいのか?で選択する会社も違ってくるはずです。

ここでは、特徴的なおすすめの2社を選別し、あなた様の一つの選択の目安として紹介していきたいと思います。


敷居は高いが条件があえば一番でたいセミナーはコレ ≫






誰もが気軽に参加できるセミナーではありませんし、主催者側も高い条件を設定されているセミナーですが、逆に条件さえ合致していれば、有利な物件を紹介してくれるだけでなく、サブリース契約を締結するので管理の手間はなく、空室でも収入が入るので毎月安定した収入が得られるシステムを完備している会社です。

特に山手線沿線の駅近物件を得意としている会社ですので、金融機関から100%担保がつく超優良物件に強い会社です。
つまり駅チカの優良物件に関するデータをたくさん保有されていますので、具体的データなどがセミナーではレクチャーされるかもしれません。

条件が合う方は一番に検討したいセミナーですよね。
================================================
参加条件の確認
================================================
・年収500万円以上
・年齢満45歳以下
・勤続年数3年以上
================================================




□======================□
都心の投資不動産で安定収入【保険ニュース】


□======================□
=================================================
このセミナーや主催会社の魅力
=================================================
・山手線沿線の超優良物件にとにかく強い
・金融機関から100%担保がつく超優良物件が魅力
・とくかく物件が強いため売却益も十分に狙える
・管理はお任せで手間がない
・空室時も家賃を支払ってくれる
・ファイナンシャルプランナーをかかえている
・確定申告もフォロー
=================================================



女性専用の不動産投資セミナー ≫



幻冬舎やマイナビウーマンなど有名企業ともコラボを展開しているセミナーですね。
HPにて、無理な勧誘は一切しない旨が記載されています。

不動産投資は男性よりも女性の方が向いていると言われる所以は、男性よりも女性の方が売買差益よりも着実な家賃収入を重視される方が圧倒的に多いからですね。


================================================
参加条件の確認
================================================
・はたらく女性
・年収300万円以上
・勤続年数が2年以上かつ23歳以上
================================================

無料セミナー開催中【JPリターンズ】


=================================================




=================================================
このセミナーや主催会社の魅力
=================================================
・女性投資家への理解がある
・優良企業とのコラボイベント多数開催
・参加条件の敷居が高くない
=================================================





このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

【PR】年収1000万円以上限定コンシェルジュ

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択