お知らせ

new

現在お知らせはありません。

2014年8月11日月曜日

【為替・見通し】地政学リスクで日経平均株価は連日の暴落




「ウクライナ情勢などの地政学リスクが株価に影響?」




先週の日経平均株価は、5日続落し、金曜日には米国のイラク空爆承認や、ウクライナ情勢の激化など、地政学リスクで前場14776(-455)円の暴落となりました。いよいよ25日移動平均線をデッドクロスしてきましたね。


特に225先物の激しい売り込みで日経平均株価は、前場14776(-455)円の暴落となっています。







「日銀のETFへの買い入れ予想も225先物売却圧力で効果は相殺か?」


今週は、日銀がETFの買いを入れてくると思われますが、ファンドなどが225先物を激しく売ることで、効果はあまり期待できないかもしれません。政府としても、今は株価を押上げるだけの好材料が見つからないために、ファンドに好き勝手に「売り」をかけられる状況は、もう少々続くかもしれません。しかし、麻生財務相も黒田日銀総裁もファンドのこの動きは予測済みだと思いますので、お盆を跨ぐ今週の動きが全く読めない状況です。


また地政学リスクにおいても然りです。







U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

【PR】年収1000万円以上限定コンシェルジュ

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択