不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2014年8月9日土曜日

これも演出!?ダイソー社長の全面的に後向き経営!ネガティブ思考だからこそ、底堅い経営ができたと・・・

業界に敵なし、無敗を継続中などと言われる人ほど、臆病で慎重という話は本当によく聞きますが、経営においてもマイナス思考は決して悪いことばかりでもないのかもしれません。

<ネバーまとめ>

ネガティブすぎて逆に凄いダイソー社長の発言


ネバーまとめで、非常に注目を集めているダイソーの創業者で社長、矢野博丈(やの ひろたけ)氏の発言の数々が興味深い。ビジネス本では、タブーとされることが多いネガティブシンキングを全快にしている社長さんですが、ブランド・ジャパン2012では、ダイソーが初めて10傑入りし、9位につけています。


矢野博丈(やの ひろたけ)氏の発言の数々を眺めていますと、まるでビジネス書を全否定されているようですし、ビジネスはそれほど簡単な話ではないと言われているような気がしてまいります。







「人間は、先を見通す能力なんてないんです。」

「"ダイソーはつぶれる。そうしないために、一緒にがんばりましょう、と社員に言っている。」




一見、本当にネガティブな発想な人と思いがちですが、行動力はまったくネガティブな人物像でないことが過去の経緯から分かります。



<経歴の一部>

・妻の実家の事業を継ぐが3年で倒産
・その後9回の転職を重ねる


経歴の一部からも確認できるように、何度失敗しようとも這い上がる行動を度々続けており、のし上がるための強い意志を持っていることは間違いありません。

ネガティブシンキングは、敵を油断させるための演出であるかもしれませんし、社員たちの危機感を煽る演出の一つであるのかもしれません。いずれにせよ、なんとなく事業者になる人は独りもいませんので、発言をそのまま受け止めるのではなく、違った角度から矢野博丈社長をみてみるのも面白いかもしれません。






U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事