不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2014年8月14日木曜日

【Google mapで検証】もしも東京と大阪に広島型の原爆が落とされたら被害はどうなった?



敗戦から約70年。

中国による領土拡大・侵略が南シナ海・東シナ海だけに止まらず、ホルムズ海峡周辺を含むあらゆる場所で着実に進行した2014年前半でしたが、平和を願いつつも相手国にすべて(安全保障)を委ねる勇気が日本人にあるのかどうかが問われる年となったことは間違いなさそうです。


特に国会では、積極的な軍事行動が可能となる法案が秋に向けて準備されています。そんな中、Huffing Ton Postでは、「もしも東京と大阪に広島型の原爆が落とされたら【地図】」と題して首都や関西の中心都市で70年前の広島型の原爆が投下された場合の被害状況をGoogle mapを利用して分かりやすく解説していくれています。


「もしも東京と大阪に広島型の原爆が落とされたら【地図】:Huffing Ton Post」



「城取り」の軍事学
「城取り」の軍事学
posted with amazlet at 14.08.14
学研パブリッシング (2013-08-29)
売り上げランキング: 14,241





20年〜30年程度で飛躍的に進化する軍事の世界において、70前の兵器を例に上げるというのも、いささか疑問ではありますが、安全保障や軍事に関する教育が一切排除された現況においては、一つの目安にはなるかもしれません。ちなみに中国共産党の中堅層は、徹底された反日教育をもっとも強く受けた世代であり、アンケート調査でも日本と戦争になった場合は、もっとも残虐な方法で殺害したいという回答が圧倒的であったことは、記憶にとどめておく必要がありそうです。


尖閣諸島を明け渡しても良いのでは?といった論調もありましたが、尖閣諸島周辺を占拠され、中国解放軍による基地が完成した場合、日本は完全に政治・外交の分野において、中国の理不尽な要求があった場合でも「受入れる」選択をせざるおえない状況となり、中長期的には、日本でのステータスは漢族のしたに日本民族が存在するという構図となることは避けがたい状況に・・・。


現在のチベット・ウイグル族以上の取扱いとなる可能性すら十分に考えられそうです。



ブラックウォーター――世界最強の傭兵企業
ジェレミー・スケイヒル
作品社
売り上げランキング: 27,023




U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事