お知らせ

new

現在お知らせはありません。

2014年9月19日金曜日

[見通し]113円も見えた?キタキターー!米FOMC発表を受け中長期のインフレスパイラル決定では!?




◆   DMM CFDでは、スプレッド(売値と買値の差)を業界最狭水準!! ◆
■         D┃M┃M┃C┃F┃D┃            ■
■■        ━┛━┛━┛━┛━┛━┛           ■■
■■■    ス┃プ┃レ┃ッ┃ド┃最┃狭┃水┃準┃!┃    ■■■
■■■■   ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛   ■■■■

取引手数料0円!!『全額信託保全』導入済み!!初心者でも簡単4銘柄!!
>>使いやすい取引システムでお好みのレイアウトにカスタマイズ<<
▼▼▼    詳しくはこちら      ▼▼▼





PR参考→
CFD取引は初めてでも簡単な7銘柄






FOMCが発表以降、スコットランド独立頓挫の結果を受け、日経平均株価は一時16317円の年初来高値へ。さらに、一時109.45円と110円に迫る円安となりました。

今回の米FOMCの発表で明らかとなったのは、予定通り10月をもって米国の金融緩和が終了する運びとなったこと。さらに、米国経済の動きをみて利上げの可能性にも触れている点です。これにより、米国では実質的にデフレ対策は完全終了したことを意味し、今後は露骨なインフレ傾向へと向かう運びとなりそうです。そもそも近代史の経済政策、資本主義社会の仕組みからいって、デフレというのは全く想定されていない話であったわけであり、だからこそ、デフレスパイラルから抜け出すことが、これほど困難であったわけであります。


参考→
【見通し|NY先物】金、5年9カ月ぶり安値!来月のFRBの利上げ実行次第では、さらにレートが下がるかも・・・



インフレスパイラルへ突入か?



日本の株式市場も不動産も米国経済と連動する構造となっていますし、日本への投資においても米国の富裕層が中心となっている点などを踏まえますと、日本もいよいよインフレスパイラルへと突入することは確実ではないでしょうか。


ポイントは、徐々にインフレスパイラルへと傾倒するということではなく、スキーでいう直滑降の如く急激なインフレスパイラルとなる可能性が高いという点です。労働賃金が中途半端に上昇してしまった中国は、経済・政治・軍事のあらゆる面から世界各国に警戒されているだけでなく、実質的に旨味を失ったという判断が先行している現況を踏まえると、この米国のインフレスパイラルは中期・長期に渡って継続される可能性もなきにしもあらずです。(戦争などの有事を考慮しなければ)


参考→
GPIF発言を一環せよ!市場の高値警戒感はまだまだ根強い・・・


よって、米国復活で生みだされた莫大な富は、行き場を失う可能性は高く、当然ながらリスク先行型の投資となり、割安であると判断されている日本の不動産や株式へ流れることは火を見るより明かです。




【緊急特集】6.25%大幅利上げで投資家トルコ・リラに大注目!




参考→
【暴落・チャート見通し】トルコリラは今が底値か・・高金利スワップポイントを狙え!
参考→
【トルコリラ見通し】20円を超えていけるかどうかはエルドアン大統領と米国の関係改善が重要となる
参考→
新聞や雑誌でダメ出しされた危険通貨「トルコ・リラ」は今が仕込み時かも・・
参考→
【見通し】トルコ・リラは通貨安歯止めに驚異の4.25%の大幅利上げ![2018年9月13日との比較・参考]



【重要】
9月13日、トルコ中銀は6.25%の大幅利上げを実施
政策会合でトルコ中銀は政策金利を17.75%から24%に引き上げました。

トルコの金利は過去最高に。次元を超えた金利により円をトルコリラに変えることで、もっとも高い金利を受け取ることが可能となりました。

しかしトルコリラを取り扱っているFX会社は限定された会社のみでの取り扱いとなっていますので、下記で参考までにトルコリラを取り扱っている会社を紹介しておきます。




トルコ・リラ取扱業者と運用方法解説→
【重要解説】6.25%大幅利上げで口座開設が急拡大したトルコリラの取引注意を3段階のレベルで解説





⬇ ⬇スワップ狙いを検討されている方はチェックしてみてください
=================================================




=================================================
ヒロセ通商

【特徴】===========================================
信託保全あり(銀行などにもある一定額の保証のことです)
・1,000通貨単位での取引が可能
・モバイル・スマホに対応
取引できる通貨ペアが50種類以上(業界トップ)
・上級者の多くも愛用しているほど信頼度が高い
================================================




=================================================
みんなのFX


【特徴】=============================================
誰でも無料で見れるオンラインセミナーも毎月開催!
・画面カスタマイズが自由自在のPC版取引システム「FXトレーダー」!
・ドル/円を始めとする主要通貨ペアのスプレッドが狭い!
iPhone、Android、iPadなどモバイル取引システムも充実!(スマホ取引システムが刷新)
・手数料無料、口座維持費やロスカット手数料も無料!
・信託保全あり(銀行などにもある一定額の保証のことです)

=================================================

LION FXでお馴染みのヒロセ通商株式会社は、FX上級者の利用も多くFX会社を代表する会社。一方のみんなのFXも昨年、取引ツールが刷新されただけでなく、今年からトルコリラとメキシコ・ペソの取扱いを開始しています。気になるスワップ金利は両社とも高いのですが、「みんなのFX」がFX会社でも目立って高い金利となっています。

※日足で移動平均線を上に抜けていますので、スワップ金利は今後とても重要な要素となってきます。
=================================================

【重要事項】
またトルコリラと同様に注目するべきは、もうひとつの高スワップ通貨であるメキシコ・ペソです。
トルコリラと連動した動きでありつつも、その下落幅はトルコリラほど大きくなくトルコリラよりも安定している印象でありながらも高いスワップ金利を受け取ることが可能です。

高いスワップを着実に獲得しながらも、急騰した場面では的確に売りをかけていく手法により、①「スワップ金利」と②「差益」の両方を着実に狙っていくというのも面白いでしょう。


ちなみに、トルコリラとメキシコ・ペソの両方の通貨を取り扱っているのがみんなのFXとなります。

突然の6.25%という大幅な利上げにより年末にかけては20円~22円に戻すとの声も多く聞かれます。上下動の激しい通貨である一方、底値で仕込むことができれば、不労所得となる可能性も十分にありえる局面です。



まずは口座開設を終わらせておこう!


※トルコ・リラ、メキシコ・ペソを取引されたい方は、まずはサラッと口座開設が必要となります。ちなみに、みんなのFXは夜中でも電話対応してもらえますので、わからない点はフリーダイヤルでサッと確認することができます。



LIONFXはこちら⇒【ヒロセ通商】オンライン開設

みんなのFXはこちら⇒オンライン口座開設



もらったおカネで運用してみよう!(キャッシュバックの活用)


「みんなのFX」も「LIONFX(ヒロセ通商)」におきましても最大で50,000円のキャッシュバックが用意されています。もちろん最初に入金し取引を自己資金で行う必要はあるものの、50,000円のキャッシュバックはとても大きいと思います。

運用していくなかで、スワップ金利が積み上がっていきますので、評価額がプラスである場合は、自己資金を引き上げて、差益とキャッシュバックで運用を継続するのもよいですし、50,000円のキャッシュバックを証拠金として活用しながら、安全に高額なスワップを積み上げていくのもおすすめですね。












このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

【PR】年収1000万円以上限定コンシェルジュ

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択