new

市況かぶかfx速報!2chまとめブログ

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

2014年9月6日土曜日

【節電】2015年は一般家庭で太陽光パネルの活用がさらに増えるかも!?米国ファーストソーラー社、住宅向けに1.2m四方で300ワットの高効率結晶系シリコン太陽光パネルを日本投入・・




初期費用が、まだまだバカ高い太陽光発電ですが、Goal Zeroを中心に20万円以下で効率的に太陽光発電を生活に取り入れるといった動きが加速しているように思えますが、来年(2015年)は、さらに太陽光発電の取込みが一般家庭でも普及するかもしれませんね。







米太陽電池最大手のファーストソーラー(アリゾナ州)は、2014年末―15年初めに、日本の住宅市場向けに結晶系シリコン太陽光パネルの供給を始めることを発表しました。東芝やパナソニックが販売する高効率パネル市場に照準を合わせ、住宅用としては高出力となる290ワットと300ワットを販売するとのことです。


ファーストソーラー、住宅向けに300ワットの結晶系シリコン太陽光パネルを日本投入-日刊工業新聞



エクステリアブームということもあり、ルーフテラスの一画を活用して、高効率パネルを設置してみるのも流行るかもしれません。しかし、普及するかしないかは、やはり価格次第かと。年度末にかけて原発の再稼働の動きが強まる可能性が高いですし、高騰した電気料金は今後は値下げの方向で調整される可能性は高いですから。。



設備投資の費用負担が大き過ぎては、太陽光電池はなかなか購入しにくいですから。
ファーストソーラーが発売する結晶系シリコン太陽光パネルの価格に注目です。






U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事