new

市況かぶかfx速報!2chまとめブログ

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

2014年9月8日月曜日

「子供のころにお小遣いをもらっていた人」と「子供のころにお小遣いをもらっていなかった人」が成人になってからの「差」とは・・


「子供にはなるべくお金を持たせたくない」
「子供にはお金の話はなるべくしたくない」


日本では昔からこういった意見が家庭でも多いのではないでしょうか。


しかし、最近では一部の私学で銀行から講師を招いて小さい頃から「お金とはなんぞや!?」といった教育が行われたり、現役のビジネスマンにおいては「投資・運用」が人生を生き抜くための必須の能力となりつつあるのが現状です。


そんな中、オランダの金融サービス最大手INGグループの調査結果が小さな子供を持つ両親たちに対し、衝撃的な調査結果を発表しています。


関連記事はコチラ>>




報告書によると、子供のころにお小遣いをもらっていた人の55%が定期的に貯蓄と年金を積み立てており、もらっていなかった人の場合、この割合は45%だった。子供にお小遣いを与えている保護者の約4分の3が、お小遣いは子供の自立を促し、お金の価値を認識することに役立っていると答えたとのことです。


この結果からも分かる通り、「お金の遣い方」も練習によって培われるということが同時に理解できます。投資や運用において付き物であるのが「一時的損失」です。そして、一時的損失を何度か経験するうちに、リスクを事前に把握する能力が高まるといったプロセスにより、しっかりと利益を積み上げれる投資家へと変貌するのではないでしょうか。




投資・運用は博打的要素こそあるものの、博打とは異なる一面ももっています。


それは、、


「理由があって高騰し、理由があって暴落すること」


ではないでしょうか。


livedoorの元社長と共に一時話題となった村上ファンドの村上氏も学生時代に両親から投資用の資金を預かり、早い時期から投資すること、資本を運用することがどういったことであるかを学ばれております。


スポーツ選手が引退後、資金を早期に喪失し、破綻するという話を多く聞きますが、スポーツ選手だけでなく、一般の私たちだって、練習がなければ、同様の結果になることが予想されます。しかし、スター選手と一般の方々で大きく異なるのは、投資・運用するための種銭が豊富になく、投資できる金額に大きな差があるということではないでしょうか。






U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事