new

市況かぶかfx速報!2chまとめブログ

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

2014年10月6日月曜日

元ユニクロ営業部関西地区ブロックリーダーが仕掛けた商売に柳井会長も悔しがる!!



今年1年だけで、23区内に8店舗オープン!
飛ぶ鳥を落とす勢いとは「オーダーシューズ専門店「キビラ(KiBERA)」」のことを言うのでしょう!

「世界最後発なのだから、世界最先端を狙うにはどこもやっていないことをやるしかないと考えたから」

「日本人が作る靴は万人に合うよう、ゆったり作る傾向があり、そんなゆったりした靴を『ラク』と称して売っている。しかし、『万人』なんてどこにもいないし、万人に合う靴も存在しない。合う靴がないなら、一人ひとりオーダーして作るしかない」(福谷社長)。




約13年間、ユニクロに在籍し2009年にユニクロが発表した靴の新ブランド「ユニクロシューズ」を立ち上げた経験の持ち主だからこそ、「靴」での商売の難しさを熟知されている一人。


「人が身に着けるもののなかで、靴だけが少しサイズが違うだけでも痛みを伴う。ある程度のゆとりを前提とする服と違い、靴はジャストサイズでないと買ってもらえないので非常に売りにくい。小さく畳める服と違い箱で保管するため、在庫管理費がかさむ。そもそも靴は作るのに服の何倍もの手間暇がかかるのに、服と同じくらいの価格しかつけられないので、利益が少ない」(福谷社長)。


「日本人が作る靴は万人に合うよう、ゆったり作る傾向があり、そんなゆったりした靴を『ラク』と称して売っている。しかし、『万人』なんてどこにもいないし、万人に合う靴も存在しない。合う靴がないなら、一人ひとりオーダーして作るしかない」(福谷社長)。


3D計測器のデータを元に、オーダーメイドの靴を提供する「キビラ」。オーダーメイドなら通常は数万円程度する商品価格を1万円切る値段で提供するというから驚きです。


最初は店舗で足の形の3D測定をする必要があるけど、次回からは個人データを基にネットで注文 → 自宅に届くと流れのようです。恐らく、リピートされることを前提とした価格設定であり、リピートがない場合、会社としては赤字なのかもしれません。1年間で8店舗という急ピッチで出店しているところをみるとお客様からのウケはかなり好調であることが分かります。同時に競合が同様のビジネスを仕掛けてくることを念頭においているのかも?


「歩きやすくオシャレな靴になかなか出合えない」と嘆く“シューズ難民”は特に40代以降の女性に多く、そうした層の心を鷲掴みにしたキビラから今後も目が離せませんね。


ちなみに、キビラの福谷智之社長は、ユニクロ営業部関西地区ブロックリーダーとして多くのM&Aに携わった経験の持ち主。古巣であるユニクロの柳井正会長に挨拶に行ったところ、「なぜユニクロにいるときにこれをやらなかった」と叱られたそうです。







U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

1 件のコメント:

  1. こんにちは。はじめまして
    私の足のサイズは小さくまさにあっていない靴をはいているのでこの情報はとっても為になりました。発信してくれて有難うございます

    返信削除

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事