お知らせ

new

現在お知らせはありません。

2014年10月26日日曜日

ACミラン・本田圭佑&本田技研工業株式会社のダブルHONDAに注目だ




「本田圭佑の活躍が止まらない」



ACミランの日本代表FW本田圭佑(28)選手のゴールが止まらない。。
すでに6ゴールは、ミラノはもちろんのこと日本でもかなり報道されました。

W杯は悔しい結果でしたが、あのW杯が伸び盛りの本田選手をさらに高い頂へと導いたのは、誰の目からも明らかです。そんな本田選手に早くも27億円でオファーが。。


参考⇒








「本田技研工業株式会社も・・・」


もう一方のHONDAは、ダイハツ コペンと同じく軽自動車のオープンスポーツタイプS660を発表。昔、発売されたビートがベースという話ですが、自動車業界は、この小型のオープンスポーツが熱い。日本の道路事情に合っているということもあってか、街乗りをかなり楽しめるという話が非常に多いため気にしないではいられません。新型のNSXを控えているだけにHONDAへの期待も鰻上りです。また、組織改革へのギアも全快といった様子。中途半端に欧米文化をかじったがゆえに、モノ作りの根幹である発明の文化がすっかり影を潜めたソニーに二の舞とならないか心配していましたが、現在のところ危機意識はかなり強いようです。


サッカー界の大物 本田圭佑と日本を代表する自動車会社HONDAの復活は、オリンピック景気を支える上で、なくてはならない存在です。しかし、前回のW杯から直後に本田圭佑(28)選手が、これだけ活躍することを誰が予測できたでしょうか。


この選手の頭の切り替え方(軌道修正)と結果を見るかぎり頭の良さはずば抜けているように思えます。

自身の弱点を修正するなんて、どの世界においても簡単にできることではありませんから。


参考⇒


※追記:
2018年現在、6年連続の順調な景気回復も影響して、本田技研工業株式会社の株価も順調に推移しています。米国での生産体制と米国経済の絶好調もあり、ボーナス・お給料ともに待遇はダントツのホワイト企業。さらに福利厚生では、英会話やトレーニングなどに通う費用を会社が負担し、保養所も全国に保有。

本田圭佑選手の待遇は、当然ながらすごいわけですが、会社員として考えた場合の本田技研工業株式会社もかなり待遇面では優遇されているといえそうですね。



参考⇒
【全国公務員へボーナス支給】公務員の方にこそ積極的に消費・投資を行なって頂きたい!
http://www.u-style.biz/2013/12/blog-post_3439.html

ドラゴンボール、アラレちゃんの生みの親である鳥山明先生の年収が・・・
http://www.u-style.biz/2014/06/blog-post_6.html




U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

【PR】年収1000万円以上限定コンシェルジュ

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択