不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2014年11月17日月曜日

[日立製作所]蓄積するリチウムイオン電池のエネルギーの高密度化に成功





日立製作所がやってくれました。
リチウムイオン電池の進化は、まさに文明の進化と言っても過言ではありません。


電気自動車(EV)の走行可能距離を従来の2倍にするリチウムイオン電池の要素技術を開発したと発表。電気を蓄積するリチウムイオン電池のエネルギーの高密度化に成功したことによるもので、市販されているEVの走行距離を2倍するというからスゴい話です。スマホにせよ、車にせよ、電池の問題ばかりでしたから。そして、蓄積するリチウムイオン電池のエネルギーの高密度化の成功により、1回の充電で460キロメートル程度走れることになり、東京-大阪間の直線距離に近づきます。

関連記事はコチラ>>




ただし、現在の日立製作所には中国人幹部も少なくありませんから、技術の流出への心配はなくなることはありません。直接的に日立製作所の要職の方から聞いた話ですが、正直なところ技術的な流出はすでに起こっているだろうと危惧されておりました。


素晴らしい技術には、先行利益があり、それ積み重ねにより今の日本の立場が確立され、私どもの所得へと繋がっています。人口では中国やインドには及ばず、軍事分野においても米国、中国が他国を圧倒しています。軍事力を背景にした外交交渉もできない現在、情報の漏洩だけは徹底して管理/監視して頂きたいところです。


ちなみに、今回の新しい開発では、電池の電極の厚さを従来の2倍にし、充放電できるリチウムイオン量を増加させ、高密度化を実現。電極内の物質分布を最適化したことで高出力化にもつなげることに成功しています。高出力化によって、動かすことができるものが増えるということに繋がりますので、「電動?」とはかけ離れた製品まで「電動」が可能となることも予想されます。



日立製作所には、熱き情熱をもった研究者や従業員がまだまだ多い企業です。
今回の画期的な成果を祝福し、今後の活躍に期待したいと思います。





U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事