不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2014年11月23日日曜日

[恐怖]トレンドは「ワンクリック詐欺」ではなく「ワンクリック逮捕」です




県警によると、ツイッターでの児童ポルノ画像の転載者を摘発するのは全国初だという。インターネット上では転載で児童ポルノ画像が拡散しており、これを抑え込むには投稿者だけでなく、転載者も取り締まる必要があると判断したとのこと。。


ワンクリック詐欺が流行ったことが随分と昔の話のように思えます。
最近では、まったく聞かなくなりましたが・・・。


簡易投稿サイト「ツイッター」に投稿された児童ポルノ画像を転載(リツイート)したとして、神奈川県警は21日、横浜市磯子区の無職男(23)と大阪府大東市の配送業の男(52)を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(公然陳列)などの容疑で横浜地検に書類送検し、関東地方の中学2年の男子生徒(14)を同様の非行事実で児童相談所に通告した。(YOMIURI ONLINE)


本田靖春集〈5〉不当逮捕・警察回り
本田 靖春
旬報社
売り上げランキング: 914,881





しかし、日頃から治安維持にご尽力して頂いている警察の判断としては、今後、問題が拡大しそうな事件です。Twitterのリツイートを深く考えてRetweetしない方も多いでしょうし、フォロワーに入っていない方々からの投稿が勝手にタイムラインに流れているというのは、珍しいことでもありません。Twitterは常に平常心の時だけに限って利用しているわけでもなく、中にはお酒を呑んで酔っぱらって、面白がってRetweetするケースもあるでしょうし、本人が知らない間にワンクリックしていたというケースだって少なくないはずです。


その度に「逮捕」ということになると、恐ろしくてスマホもTwitterも使えないなんてことにはならないのでしょうかねぇ。


児童ポルノ画像を転載(リツイート)というのは、全く容認できることではありませんが、今後「間違ってワンクリック → 逮捕 → 失業」という話がでるようなら、「誰かの人生を棒に振る話」ともなりかねず、神奈川県警の今回の判断が大きな波紋をよぶ可能性は多分に考えられます。


罪と罰にはバランスが必要なはずです。


目的は誰かの人生を再起不能とすることではなく、本来の目的は児童ポルノ画像の拡散を防止することにあるのですから。今回の神奈川県警のような強引な判断が今後も続きますと、国民からの警察機関への風当たり強まり、結果として警察の捜査や活動にとっても悪い影響がでる可能性もでてこないともいえません。


逆に言えば、今回の 神奈川県警の強引な逮捕が、今の法律と予防対策において警察の限界を示しているのかもしれません。


それにしても、怖い世の中です。



インパクション (112) - 安田弁護士不当逮捕を考える
インパクト出版会
インパクト出版会
売り上げランキング: 1,624,197


U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事