不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2014年12月18日木曜日

再生エネルギー全量買い取るとした固定価格買い取り制度が崩壊!


経産省は、電力会社が太陽光事業者に発電量を抑えるよう求めやすくする方針を示しましたね。


これにより、実質的に再生エネを全量買い取るとした固定価格買い取り制度の前提が崩れることになりました。つまり崩壊したということです。


再生可能エネルギーの買い取り中断問題で経済産業省は16日、受け入れ可能量を調査していた大手電力7社のうち中国電力を除く6社で、太陽光の認定量が受け入れ可能量をすでに上回っているとの算定結果を発表。7社合計の受け入れ可能量は認定量に対し58%にとどまったとのこと。


再生可能エネルギーの真実
山家 公雄
エネルギーフォーラム
売り上げランキング: 265,325



再生可能エネルギーは、とても安全でクリーンといった印象がありますが、買取価格が異常に高いという点が問題視されていました。買取価格で支払われる代金は、国民の血税であり、民主党政権時代、この制度をフル活用しようとした韓国系、中国系企業の多さが一部専門家の間でも話題となっていました。


つまり、言い換えれば、日本人が支払う血税が、迂回して中国系、韓国系企業の食い物にされていたという見方もできたわけです。原発反対派は、これを助長させるために、活用された可能性がでてきます。純粋に原発が危ないという話ではなく、その活動の裏に別のビジネスがあり、そのビジネスで大儲けをしたい方々の狙いもしっかりと理解した上で、原発以外の選択の案を出すべきではないでしょうか。


100%再生可能へ! ドイツの市民エネルギー企業
村上 敦 池田 憲昭 滝川 薫
学芸出版社
売り上げランキング: 24,474






U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事