お知らせ

new

現在お知らせはありません。

2015年1月9日金曜日

[見通し]東証の空売り比率(東証合計)は37.84%!







◆   DMM CFDでは、スプレッド(売値と買値の差)を業界最狭水準!! ◆
■         D┃M┃M┃C┃F┃D┃            ■
■■        ━┛━┛━┛━┛━┛━┛           ■■
■■■    ス┃プ┃レ┃ッ┃ド┃最┃狭┃水┃準┃!┃    ■■■
■■■■   ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛   ■■■■

取引手数料0円!!『全額信託保全』導入済み!!初心者でも簡単4銘柄!!
>>使いやすい取引システムでお好みのレイアウトにカスタマイズ<<
▼▼▼    詳しくはこちら      ▼▼▼






「機関投資家に翻弄される個人投資家たち」



2008年以来最高の比率となったようです。
買い戻しにもたついていると踏み上げ相場に大損失も考慮する必要がでてきます。

※機関投資家は定期的に確定売を仕掛けたり、まとめ買いを仕掛けたりしてきますので注意が必要です。

売り優勢を演じるアムロが昨日225先物を+2494枚買い戻し。TOPIX先物ではニューエッジが+1534枚買い戻し。ゴールドマンが-2333枚売り2日連続での売り。日銀はETFは買っていませんので、おそらくGPIF(年金運用)がそろそろ動き始めたのではないかの噂もあり、非常に気になるところ・・・。12月末までの売買は終了で静まり返っていたGPIFですが、新年度の動きがそろそろ始まる気配。








一方、原油先物WTIは昨日のNY市場で48.65(+0.72)ドルと反転し、電子取引でも49.14ドル台まで上昇しています。




EU諸国はドイツに振り回されている




ドイツは「脱退」をチラつかせ、ギリシャの野党を脅しまくっています。本音のところでは、ギリシャが脱退となればユーロの終焉となる可能性にビビっているけれども、これ以上弱みを見せられないといった心理戦となっているのではないでしょうか。



カラ売り「勝利の十則」 (同友館投資クラブ)
三木 彰
同友館
売り上げランキング: 247,340






【緊急特集】6.25%大幅利上げで投資家トルコ・リラに大注目!









【重要】
9月13日、トルコ中銀は6.25%の大幅利上げを実施
政策会合でトルコ中銀は政策金利を17.75%から24%に引き上げました。

トルコの金利は過去最高に。次元を超えた金利により円をトルコリラに変えることで、もっとも高い金利を受け取ることが可能となりました。

しかしトルコリラを取り扱っているFX会社は限定された会社のみでの取り扱いとなっていますので、下記で参考までにトルコリラを取り扱っている会社を紹介しておきます。







トルコ・リラ取扱業者⇒








U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

【PR】年収1000万円以上限定コンシェルジュ

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択