new

市況かぶかfx速報!2chまとめブログ

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

2015年1月13日火曜日

米国の嫉妬やイジメにも負けず!2015年北米国際自動車ショーでAcura新型「NSX」を世界初披露・・・



TPPでは、日本の自動車産業の安全基準が高過ぎるため、もっと危険な社会水準にせよ!と圧力をかけられ続ける日本政府。


安全基準が甘過ぎるので、「俺の国で商売したいなら、もっと努力してこいよ!」という言い分なら理解できるが、「日本で米国車が売れないのは、日本の安全基準が高過ぎるためだ!」と堂々と言ってのけるが米国という国であります。日本よりも優れてた部分もあるとはいえ、その他の劣勢な分野においては、軍事力を背景に無茶なことのオンパレードを相手国には展開。


ヨーロッパ諸国だけでなく、世界中から総スカンを喰らうのも分からなくはありません。


NSX OWNERS FILE (CARTOPMOOK)
NSX OWNERS FILE (CARTOPMOOK)
posted with amazlet at 15.01.13

交通タイムス社 (2014-11-22)
売り上げランキング: 76,824


関連記事はコチラ>>




そんなTPPで日本が世界に誇る安全基準をもっとユルユルにしろ!という反面、トヨタのリコール問題でのイジメとも言える徹底攻撃をはじめ、最近ではHONDAのエアバック問題を問題の本質以上に大問題化し、これでもか!?というほどの日本バッシングを展開!情緒ある感情的な訴えをさらに盛り上げるために、劇場型ショーイベントにまで仕立て上げるやり方は、どことなく大東亜戦争時代のそれと被ります。


だからアメリカは嫌われる
マーク ハーツガード
草思社
売り上げランキング: 1,157,585


確かに現在のHONDAは褒められた社内体質ではありませんし、問題の本質から考えて伊藤社長が早急に出るべきでありました。この点は、マクドナルドの異物混入事件での対応と同様、ユーザーに大きな不信感を与えた事は間違いありません。


そんなHONDAが、かねてから噂されていた1990年に登場し2005年に生産を終えた高級スポーツカー「NSX」の量産型を初公開しましたね。米国の価格は約15万ドル(約1800万円)からで初代の初期型の倍以上。米国経済の復活のタイミングを見計らった点は、イイ感じ(タイミング)だったのではないでしょうか。



初代「NSX」は世界で1万8737台を販売したわけですが、日本以上に米国での人気は根強いものがありそうです。


米国ホンダのマイケル・アカビティ上級副社長曰く

「新型NSXは初代の遺産を引き継いだだけでなく、われわれが抱いてきた夢が詰まっている」


このコメントだけでも、ワクワク感をかき立てられた方は少なくないはず。
ここ日本橋にピッタリな近代的なデザイン。


生(ナマ)ピンクのクラウンも衝撃的でしたが、新しい「NSX」も日本橋で見てみたいところです。ベンツがどことなくダサく感じるようになり、レクサスをはじめとする日本の高級車の活躍が目覚ましい点は日本人としてシンプルに嬉しいところです。


アメリカはなぜ嫌われるのか (ちくま新書)
桜井 哲夫
筑摩書房
売り上げランキング: 750,789



U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事