new

市況かぶかfx速報!2chまとめブログ

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

2015年1月15日木曜日

米国利上げのシグナルか!?みずほ銀、米通信大手AT&Tに3550億円融資|収益向上狙い・・・



このニュースをみて、憤りを覚えた方もいるのではないでしょうか。

「海外の企業へ莫大な資金を融資するのであれば、国内企業へ融資しろよ!」

AT&Tは、SOFT BANK&Sprintの競合であるだけに、日本企業の足を引っ張るような印象は拭えません。もちろん、みずほ銀行は、今回の融資を決定する前に、SOFT BANK&Sprintへの融資も行っているわけですが。

システム障害はなぜ二度起きたか みずほ、12年の教訓

日経BP社
売り上げランキング: 95,401


関連記事はコチラ>>




それにしても、今回の30億ドルの融資にとどまらず、みずほ銀行の大型融資が目立つように思えます。昨年11月に米後発薬大手アクタビスに対して融資した約150億ドル(約1兆7700億円)もそうでしたね。

みずほ銀行は、今回の融資において、「国内が超低金利で利ざやが見込めないこと」を挙げている点などから考慮して、恐らく米国の利上げが近いという情報を入手しているのかもしれませんよ。みずほ銀行といえば、暴力団への融資で社会問題として大きく注目を浴びておりましたが、暴力団への融資の見返りは、なんといっても情報であった可能性が高いわけであり、みずほ銀行の資金力から情報力から考えて、米国の利上げのタイミングをすでに入手していたとしても、まったく不思議ではありません。


また、三菱東京UFJ銀行もAT&Tに対し、5億ドル(約590億円)程度の融資を検討しているもようです。この情報からも推測できるように、三菱東京UFJもAT&Tに魅力を感じたため、融資するといった動機かどうかは疑わしく、背景には米国の利上げを意識した行動を疑わざる終えません。


果たして、真相は?


銀行のウラ側 (朝日新書)
銀行のウラ側 (朝日新書)
posted with amazlet at 15.01.15
津田倫男
朝日新聞出版 (2013-10-11)
売り上げランキング: 240,208


銀行裏総務―研次郎事故簿〈下〉 (講談社文庫)
山田 智彦
講談社
売り上げランキング: 288,689




U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事