new

市況かぶかfx速報!2chまとめブログ

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

2015年2月10日火曜日

富裕層の子供ほど近視になる確立が!!また算数が得意な子供ほど近視な確率が高いことも判明・・・



眼鏡をかけている子供を見ると、それだけで「賢そう」というイメージがあったわけですが、まんざら先入観だけでもなさそうです。


近視についての要因は、単純に親からの遺伝というだけでなく、幼少時代に太陽光に当たる時間が足りなかったり、栄養素が高過ぎた場合、眼球が大きくなり過ぎ、遠近感が取りづらくなるなどが原因であるとの報告もあるようです。

関連記事はコチラ>>





おそらく、富裕層の子供ほど近視になる率がこれほど高いということですが、上記の2つの要因(太陽光の摂取、栄養の取り過ぎ)だけを考えても富裕層にありがちな要因です。逆に貧困層の子供たちは、これとは逆の環境であることが簡単に予測できてしまうわけで・・・。


米国眼科学会(American Academy of Ophthalmology)の学会誌「Ophthalmology」に、この富裕層の子供ほど近視の確率が高いという研究結果が掲載されました。この研究は、子どもの近視をめぐり実施された過去最大級の調査結果を基にしているというから信憑性がありそうです。


中国の政府機関や大学の他、米カリフォルニア(California)州スタンフォード大学(Stanford University)の専門家らが参加した今回の研究では、中所得者地域の陝西(Shaanxi)省と貧困地域の甘粛(Gansu)省に住む小学4~5年(9~11歳)の児童を対象に視力検査が実施された。この調査には、陝西省の約9400人と甘粛省の約1万100人の約2万人が参加。論文ではまた、問題を解く際に極度の集中力を必要とする算数が得意であることと近視リスクとの間にも関連性がみられたことが指摘された。さらに近視になる可能性では男子よりも女子の方が高かったということです。





U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事