new

市況かぶかfx速報!2chまとめブログ

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

2015年3月20日金曜日

ザッツ消耗戦で日本はウホウホ (*゜∀゜)=3!!



どんどん消耗戦を展開してくれ!
これは日本人のホンネでしょうね。


政府関係者から企業、一般の消費者に至るまで・・・。


希望の現場 メタンハイドレート (ワニプラス)
青山 千春 青山 繁晴
ワニブックス
売り上げランキング: 152,770




石油輸出国機構(OPEC)は16日公表の月報で、非加盟国の今年の供給見通しを据え置き、米国のシェールオイル生産が原油安を受けて減少し始めるのは今年の終盤になる可能性があるとの見通しを示した。月報では「タイトオイル(シェールオイル)の生産者はシェール埋蔵地域の一般的な油田は年間60%減少し、その減少は新たな油田の掘削によってのみ埋め合わせが可能なことを承知している」と指摘。

そのうえで、「高いコストや石油価格が低迷を続ける可能性を理由に掘削活動が低下するため、生産がその後、恐らく2015年終盤までに減少すると見込まれる」とした。OPECの次回定例総会は6月に予定されており、加盟国当局者らのこれまでの発言は、生産枠が維持されると示している。

月報では、今年のOPEC産原油需要は日量2919万バレルと、若干下方修正した。世界の石油需要伸び見通しは据え置いた。(ロイター通信より)


というわけで今年はOPEC加盟国がガンガン石油採掘を継続し続けるため、今後も価格は安い維持される可能性が高いという話です。完全に消耗戦に突入しているわけですが、日本がもしもメタンハイドレードの抽出に成功し、原油の輸入をいっきに減らすなんて話になった時には、シェールガスを生産する米国や原油輸出国にとって最悪のシナリオです。エネルギーの多くを輸入していた過去と決別し、メタンハイドレードの活用でエネルギーの輸入を海外に依存しないとなれば、日本の債務問題や人口問題などいっきにどうでも良い問題となるかもしれませんよ。(抽出量によりますが・・・)


恐らく、米国あたりから横槍が入るとは思いますが、今のオバマ政権にはまったく力が感じれませんので、押し進めるなら、今がチャンスかと・・・。





U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事