new

市況かぶかfx速報!2chまとめブログ

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

2015年3月26日木曜日

【二極化】高価格帯住宅の高いニーズは格差社会を象徴しているのかも・・・|アキュラホーム「AQレジデンス」スタートのタイミング


費用対効果の高さをPRする木造注文住宅メーカーである株式会社アキュラホーム(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:宮沢俊哉)は、2015年4月4日(土)より、誰もが夢見る「世界に一つだけの家づくり」を実現する「AQレジデンス」で、高級住宅市場に参入いたします。


安倍政権(アベノミクス)の恩恵により、株価はついに民主党政権末期から1万円以上も高い1万9千円台へ。当然ながら、高級志向へと向かうユーザーは時間が経過するに連れ、増え続いていたわけですが、ポイントは、株式会社アキュラホームが高級住宅市場に「AQレジデンス」というシリーズものを引っさげて本格的に参入するということだと思います。費用対効果の高さをPRすることで、住宅メーカーへの価格と品質に対する疑問・疑念を商売に転換する「商売の上手さ」(マーケティング)を持つ企業だけに、今後、数年間が尻上がりに日本経済が良くなると判断しての高級住宅市場への参入かと。






同時に、テレビ報道では、偏向報道もあるとはいえ、アベノミクスの恩恵を感じることができないと嘆く声が多く取上げられているのも現実です。


このブログにおきましても、何度か書かせて頂いていますが、より良いサービスを選択できるシステムを持つということは、つまり、「選ばれるもの」と「選ばれないもの」とを作り出す行為でもあり、格差が生まれること事態は、自然の摂理と言わざるおえません。誰もが安くて良いサービス・商品を求める以上、この流れは今後も加速しそうです。


さて、株式会社アキュラホーム参入する高級住宅市場への商品コンセプトですが、「AQレジデンス」は、日本の伝統的な知恵と最先端の技術、そしてこれまで築いてきたネットワークから結集した大工、左官、庭師など、各界を代表する最高の匠たちがプロフェッショナルの知恵を提案し、その粋を集めた技術によって唯一無二の理想の住まいを提供するとなっています。安かろう、悪かろうでも売れた時代とは異なり、今回の好景気はカネは持っているけれど、慎重にサービスを見極めるユーザーが多いのかもしれません。


また、原点回帰と言って良いのか分かりませんが、再び日本人が日本の伝統文化や価値に関心を強めているという点も気になるところです。



無理なく無駄なくいい家を建てる
宮沢俊哉
日経BPコンサルティング
売り上げランキング: 519,353





U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事