お知らせ

new

現在お知らせはありません。

2015年3月6日金曜日

政府消費税増税の危機感がハンパない!不動産投資家は残念、住宅ポイントの復活は前回同様とはいかず・・



2011年に施行された復興支援・住宅エコポイントでは、アパートを含む住宅の多くに適用され、大きな恩恵を受けた方も少なくないと思います。


そして、今回は久しぶりの住宅ポイントの復活です。背景には、昨年の消費税増税での消費低迷が大きく響いていることは間違いありません。



かりやすい!不動産トラブル解決のポイント【賃貸編】
村川 隆生
住宅新報社
売り上げランキング: 9,117




消費税増税の影響で景気が大きく落込み10%への増税延期となったことは、皆様ご存知のことと存じますがが、消費低迷の中でも特に落込んだのが不動産でした。住宅を含む新築物件建設件数の激しい落ち込みで、GDPへの影響が出たほど。。


日本に限った話ではありませんが、米国においても、中国においても、その他の地域においても、経済やGDPを押し上げる最も大きな要素は新築物件の建設件数であったり、不動産の取引件数だったりします。


デパートなどの活況は、店内を少し歩けば盛上がっているかどうかを判断するのは容易であり、経済指標として、誰にでも分かりやすい指標の一つではあるものの、全体の規模や金額においては、それほど大きなものではありません。


最近の政府対応として、住宅購入を目的とした贈与の非課税枠を引き上げたりというのが記憶に新しいわけでありますが、今回の住宅ポイント復活なども考慮しますと、いかに消費税10%への引き上げに政府が危機感を持っているのかが伺えます。


実際に2014年に消費税を8%に引き上げた際、想像以上の消費の落ち込みで、2013年の大幅な金融緩和策の効果(安倍政権でいう第一の矢)がすべて吹き飛んだ経緯がありました。


もしかすると北欧などの文化とは異なり、日本では高過ぎる消費税という文化が日本人の性に合わない制度なのかもしれません。元々日本は戦前に独自の民主主義システムを試行錯誤の上で構築していましたから。


こういった文化や風土との相性は、税に限った話ではなく雇用や教育などにも言えることですが・・・。





参考⇒
【マメ知識】「ご自宅や土地を相場より1円でも高く売るためのコツは事前の準備とは?」
参考⇒
【マメ知識】知らないと後悔?自宅を相場で売れない代表的な2つのケース





安部政権の閣僚の中にも、おそらく消費税増税に反対の立場の方もいらっしゃることでしょうが、実際には財務省主導で進められている話ですので、それほど簡単に反対できないというのが本音ではないでしょうか。
時の総理大臣であってもです。。


どのような政権すらも、(財務省の判断次第で)解散に追い込むことが可能とまで言われている財務省ですから、政権の存続を願う議員や党にとっては、財務省の意向を無視/反対できるはずがありません。


従って、消費税増税を行えば、経済にとって致命的となることを知りつつも、財務省を敵に回すことができないことを考慮し同意せざるおえないと考えている閣僚は結構いらっしゃるのでは?


財務省の意向を考慮する必要があるのは、民主党政権時代を振り返っても、はっきりと確認ができるはずです。民主党の政策の多くは、日教組や労組などの影響などもあり、弱者にとって耳障りのよい政策を徹底していたはずです。しかし、この消費税増税だけは、民主党らしからぬ立案であるにもかかわらず、当時の野田総理は率先して消費税増税に舵を切っています。


公平性を謳う自民党が提案するならば納得もできますが、実は民主党政権から提案された話です。


政権を少しでも長く維持させ、行うべき政策をしっかりとやり遂げるには、どうしたって、妥協というのが必要になってくるはずです。


盛り上がる不動産業界ですが、消費税増税後の落ち込みがどこまで大きく影響するかは誰にも予測がつかないだけに、政府としては「これでいいのか??」という不安はどうしても拭い去ることはできないかもしれません。


不動産業界においても、今後の不動産の見通しとしては2つに分かれています。


1.資材や物件が高騰しようとも、まだまだ不動産は上がり続けると予想する方々。

2.数年間は上昇を続けるものの、実態経済の回復よりも不動産の価格が少々先走っている傾向があり、オリンピック前後で不動産価格が下落するのでは?とみる方々。





一級建築士が教えます 住まいづくりの知っとこ!
ユナイテッド・ブックス (2013-07-18)







⬇ 住宅ローンの見直しはコチラ ⬇




売却のタイミングを見計らっておくことと同時に住宅ローンの見直しについても定期的に確認してみることで、年間数万円以上が節約されるというケースは珍しいことではありません。ただし、住宅ローンの見直しをわざわざ調べるのがめんどくさいという声があるでしょう。

しかし住宅ローンの見直しで節約できる金額は、食費や日常生活での節約の比ではありませんので放置しておいて良い問題でもありませんよね。その場合、住宅ローンを見直し、最適化してくれるサービスを利用するのも一つの方法です。

まずはどの程度の節約が可能になるのか?などウェブで調べることが可能です。
サクッと見直したあとは、見込みがあるようなら具体的な相談を申請しておきましょう。


安心×確実×手間なしの「住宅ローン借り換えセンター」



================================================
サイト概要
================================================
・ローンの借り換え代行業務を通じて"家計費負担を減らす”お手伝い事業を展開
・もしも利息が削減できなければ一切費用が一切かからない
・5,000円分のクオカードプレゼントあり(期間限定)
================================================





⬇ おすすめの査定はコチラ ⬇
========================================
住友不動産販売のカンタン無料査定はこちら

========================================
不動産価格の下落傾向をご心配の方や売却のタイミングに注意しておきたい方は査定が無料ですので、お気軽にご活用ください。なお、「今売ったらいくら?」といった査定は大手でなくても地元で優秀な不動産会社があれば、そちらで査定頂くこともおすすめします。

大手不動産会社を活用するメリットは、「情報量」と「購入者希望リスト」を多く保有している点が最大の利点です。
特に売却のタイミングを見極めたい方にとっては「情報」とくに下落傾向のシグナルは見逃すわけにはいきませんからね。

また大手不動産会社は、コンプライアンスが厳しいことと個人情報の管理が徹底されています。
不動産の売却査定情報は、重要な個人情報ですので、管理が不安な不動産会社では気軽に査定をお願いしないことをおすすめします。

========================================









不動産の活用をもっと勉強してみたい方へ≫

1億円以上の資産を保有する方々の不動産割合は約50%、5億円以上の資産を保有する方々の不動産保有率は約70%といわれるほど資産家と不動産は切り離して考えることはできません。

なぜ資産家は資産割合を現金ではなく、株式でもなく、不動産で保有したがるのでしょうか。
それには日本国内の独特のしきたりや制度が関係しています。

また一般的に誤解されていることとして、「1億円以上の資産を保有している方々は代々相続で資産を継承した!」と思われがちですが、実はこれは誤解です。1億円以上の資産を保有している方々の約半分48%の方々は相続ではなく、個人で資産を増やされた方ばかりなのです。

驚かれるかもしれませんが、1億円以上の資産を作られる方々は決して年収が高い方ばかりではありません。

彼ら(1億円以上の資産を保有されている方々)が他の方々と大きく異なる点は、「お給料(労働収入)ではおカネは貯まらない」ということに早くから知り、気づいている点です。労働収入(お給料)への課税と社会保険料は自動的に天引きされており一般の方々がどのくらい課税されているのかを意識させない制度となっているのが特徴です。

つまり取られっぱなしでも気にしない、気づかない方々こそがおカネが貯まらないのです。


労働収入(お給料)と社会保険料はもらうお給料に準じて支払う割合が高くなる「累進課税制度」となっています。ですので、ちまたでは年収が多い/少ないばかりが騒がれますが、会社でのお給料(年収)をあげることに視点が向いていてはおカネはなかなか貯まらないというカラクリです。


稼げば稼ぐだけ負担は大きくなります。
保育園料が最大6万円/月というのは有名なお話ですね。

年収が1000万円の場合、ざっくりですが手取りは682万円です。

ここから保育園料が毎月6万円もかかりますので、年間で72万円。
お子様がいらっしゃれば、手取り600万円です。

だから不動産の知識が必要となるのです。

世界にはいろいろな投資商品がありますが、資産運用をするのに、銀行が低金利で資金を貸してくれるのは日本だけなのです。だから日本でサラリーマンとなったからには、銀行の融資を活用しない手はないというわけです。

不動産を勉強されたいという方は、まずは色々な講師のノウハウや知識を取得することがもっともはやいと思います。しかし不動産セミナーも良いセミナーからおすすめできないセミナーまであり、そこは選別していきたいところですね。


不動産セミナーの注意事項はこちらでまとめられています。

どうぞご参考に。

参考⇒
【ハウツウ】「講師のココに注目!不動産セミナーの選び方と注意点」(新宿・渋谷・大阪)
参考⇒
【コラム】Seminar(セミナー)を2倍有意義な機会とするために行動したいこと
参考⇒
【コラム】セミナーや勉強会に積極的に参加する人たちは、思わぬ相乗効果を得ている




【PR】おすすめの不動産投資セミナー≫

※ここで不動産投資セミナーのご紹介をさせてください。
こちらから下は不動産投資セミナーのご案内となります。

不動産投資に関心はあるが、まだ不参加です!という方にとって、不動産投資セミナーをどうっやって選んだらよいのか?は悩ましいところ。ゴリゴリのセールスをされても怖いですし、投資スタイルによって、セミナー選びも変わってきますからね。

何をどう目安に選択したらよいのか?というのは想像もつかないかもしれません、という声は実は多いんですね。

過去のエントリーでも少し触れましたが、売却益に重点をおき物件を探したいのか、または長期の所有により着実な家賃収入を積み上げていきたいのか?で選択する会社も違ってくるはずです。

ここでは、特徴的なおすすめの2社を選別し、あなた様の一つの選択の目安として紹介していきたいと思います。


敷居は高いが条件があえば一番でたいセミナーはコレ ≫






誰もが気軽に参加できるセミナーではありませんし、主催者側も高い条件を設定されているセミナーですが、逆に条件さえ合致していれば、有利な物件を紹介してくれるだけでなく、サブリース契約を締結するので管理の手間はなく、空室でも収入が入るので毎月安定した収入が得られるシステムを完備している会社です。

特に山手線沿線の駅近物件を得意としている会社ですので、金融機関から100%担保がつく超優良物件に強い会社です。
つまり駅チカの優良物件に関するデータをたくさん保有されていますので、具体的データなどがセミナーではレクチャーされるかもしれません。

条件が合う方は一番に検討したいセミナーですよね。
================================================
参加条件の確認
================================================
・年収500万円以上
・年齢満45歳以下
・勤続年数3年以上
================================================




□======================□
都心の投資不動産で安定収入【保険ニュース】


□======================□
=================================================
このセミナーや主催会社の魅力
=================================================
・山手線沿線の超優良物件にとにかく強い
・金融機関から100%担保がつく超優良物件が魅力
・とくかく物件が強いため売却益も十分に狙える
・管理はお任せで手間がない
・空室時も家賃を支払ってくれる
・ファイナンシャルプランナーをかかえている
・確定申告もフォロー
=================================================



女性専用の不動産投資セミナー ≫



幻冬舎やマイナビウーマンなど有名企業ともコラボを展開しているセミナーですね。
HPにて、無理な勧誘は一切しない旨が記載されています。

不動産投資は男性よりも女性の方が向いていると言われる所以は、男性よりも女性の方が売買差益よりも着実な家賃収入を重視される方が圧倒的に多いからですね。


================================================
参加条件の確認
================================================
・はたらく女性
・年収300万円以上
・勤続年数が2年以上かつ23歳以上
================================================

無料セミナー開催中【JPリターンズ】


=================================================




=================================================
このセミナーや主催会社の魅力
=================================================
・女性投資家への理解がある
・優良企業とのコラボイベント多数開催
・参加条件の敷居が高くない
=================================================





このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

【PR】年収1000万円以上限定コンシェルジュ

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択