new

市況かぶかfx速報!2chまとめブログ

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

2015年3月10日火曜日

ドイツ・メルケル首相が日本へやってきた!



今さら、何しに・・・。

こういった印象の方も少なくないことでしょう。
なんと国際会議で日本敵視路線のドイツ・メルケル首相が7年ぶりに日本にやってくるとのこと。

ドイツといえば、民主党政権時代に日本の円高に便乗し、為替変動に適した価格にはせず、高額でベンツを売りまくりボロ儲け、韓国や中国に同調し、日本批判も徹した過去は、まだまだ記憶に新しいところです。


強い国家の作り方 欧州に君臨する女帝メルケルの世界戦略
ラルフ・ボルマン
ビジネス社
売り上げランキング: 40,464


第2次安倍政権発足後のG7、G20においても相変わらず日本の金融緩和に最後まで反対し抵抗した国であるにもかかわらず、安倍政権の強さが目立ちはじめ、中国経済の衰退(ヤバさ)が浮き彫りとなるや、すぐさま日独首脳会談の準備にはいる始末。

歴史認識においても中国に同調していたドイツが、わざわざ日本にやってきて得たいものとは何なのか?という点は気になるところでしょう。

「この機会に安倍晋三首相とメルケル首相の個人的な信頼関係を強化したい」
政府関係者がベルリン記者団にこう語ったと言われていますが、ドイツとの情報共有は、イコール中国へダイレクトに情報だだ漏れリスクがある点を考慮すると、このタイミングでの首脳会談は時期早々ではないでしょうか。

本当に最近まで日本批判・日本敵視に徹していた国ですからねぇ。
政府は首脳会談行うのでしょうか。



国が溶けて行く ヨーロッパ統合の真実
アドレナライズ (2014-11-21)
売り上げランキング: 14,999


このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事