不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2015年3月6日金曜日

結果で応える安倍政権またしても昨年越えです!GPIFの運用利益が3期合計で12兆4600億円・・



年金が足りない、足りないと国会で叫び続けて増税でも決定しないかぎり一銭だって出てきませんよ。どうせならば、もっと現実的な議論をお願いしたいところであります。



日本人が知らされていない「お金」の真実
高橋 洋一
青春出版社
売り上げランキング: 384,070




そんな中、国会でリスクだなんだと非難されようが、なるべく増税を避け粛々と国の富を増やし続ける安倍政権。この影響は、株価や企業業績以上に大きな影響となっており、一般の方々の生活にも「前のめりな期待」が伺えます。その指標となる一つが、住宅や収益物件の売却などです。昨年から今年にかけて、売却物件の売却希望価格が随分と上昇しています。


おいおい、そんな値段で誰が買うんだ!


という買い手の意向とは裏腹に、「嫌なら買うなよ!」という売り手の強気な姿勢。そんな市場の動向をみてか、不動産会社は高値でも売却希望額で購入するというから、80年代の再来といってもよいかもしれません。100万円、200万円程度の小銭で必死に安倍政権の脚を引っぱろうとする野党において、非難が殺到しているのも、それだけ安倍政権に対し、恩恵を受けた国民が大多数であることを伺わせます。



そんな安倍政権が結果として、次々に国民の資産や年金を増やし続けていますが、GPIF(年金機構)においても、とんでもない資産増加を実現してくれました。


年金運用のGPIFは、第3四半期(10-12月)の運用成績が6兆6233億円と発表。これにより、年金運用資産合計は137兆358億円に。3期合計(4-12月)でみると運用利益は12兆4678億円と、すでに昨年の利益を超えています。内訳は外国株4兆2508億円(34%)、国内株3兆9205億円(31.4%)。運用実績のうち外国株と国内株で全体利益の65.4%になることが判明。


つまり、株価を上げるという道筋をつけ、政権でできるすべてを行い、結果を出したということです。これにより、我々、現役世代は随分と増税を引き延ばすことができるだろうという恩恵に。また、12月末の外国株と国内株の構成割合はそれぞれ19.6%(+2.6%)、19.8%(+2%)と、当初の投資枠25%には届いていないが投資は拡大。


それにしても、すごい利益率であることには変わらない。


「有言実行」
「結果」


これは、ビジネスの世界において絶対であります。
仮に安倍政権の政策が時代に後押しされた結果であったとしても、結果は結果です。


野党、とくに前政権で日本経済をボロボロにした外国よりの政党の皆様には、特に安倍総理大臣や麻生太郎財務相の「爪の垢」でも噛みしめ、政治とは「何か」、ここは誰の国かをよく考えた上で、今後の政治活動を展開して頂きたいところであります。





U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事