new

市況かぶかfx速報!2chまとめブログ

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

2015年4月3日金曜日

日本はAIIB参加の判断を先送り!懸念は公正なガバナンス(統治)・・・




突然、降って沸いたように出てきたAIIB(中国が主導するアジアインフラ投資銀行)がNEWSで話題に。


目的はアジア各国のインフラ整備との話でありますが、すでにアジアには日本と米国が主導するアジア開発銀行が存在します。よって、単純に考えればアジア開発銀行の対抗馬ということになるわけですが、経済だけでなく中国の大きな戦略という視点で捉えると、それほど単純な話ではなさそうです。







中国の属国となりつつある英国をはじめ,経済的に苦しいユーロ圏の国々の多くも参加を表明しています。現時点で約40カ国程度が参加を表明しているようですが、アジア開発銀行やIMFをみれば分かる通り、もしも日本や米国が参加表明したとなれば、ユーロ圏や他国などととは異なり、多額の出資を迫られた可能性が高いわけであります。資金を預けたは良いが、その資金がどういった開発に活用されるのかは不明。なんとも恐ろしい話です。


そして、本部はおそらく中国国内に設置される可能性が高い・・・。


現時点で、日本政府がAIIB(中国が主導するアジアインフラ投資銀行)への参加を見送ったというのは極めて妥当な判断です。AIIBの参加の有無に関しては、党の外交部会と財務金融部会の合同会議には、高村正彦副総裁や野田毅税調会長らベテランを含め約30人が出席されたとのことですので、政府はもとより、メンバーから考えて財務省の意向が強く働いたというのも自然かもしれません。





AIIBは不透明な組織運営も気になりますが、何よりも自国の経済を全くコントロールできていない中国が、投資の審査基準作りが難しいと言われる金融モデルを構築しようと考えていることこそが、なんともおぞましいではありませんか。特に中国の地方財政はかなりヤバい状態にあることだけは間違いがなく、統治するそれぞれの立場の都合により、都合のよい数値が示されているという指摘も。


また中国は、日本と大きく異なる点として、経済、金融、軍事、文化が一体となって、国家戦略を進めてくる点であります。つまり、今回のAIIBの経済戦争の一環であると考えるのが妥当であり、集めた資金で、南シナ海へ軍事拠点を展開しないとも限りません。すでに、中国は中期計画として、日本を含むアジア諸国を自国のルールに基づいて統治することを明確にしています。現時点では、日本への武力攻撃などがあった場合、最悪、米国からの核攻撃の標的とされる可能性があるのに対し、中国の核は米国へ届かないという大きな差が存在します。



しかし、南シナ海への軍事拠点拡大ということになれば、中国の核の脅威がそれだけ広い地域に及ぶ可能性が出てまいります。



恐らく、中国経済の崩壊が近いことを共産党のお偉いさん方々はすでに認識しているのかもしれません。

もともと自由経済に軸にしなければならないとは考えていないでしょうから、経済崩壊後のセーフティーネットとして、今回のAIIB(中国が主導するアジアインフラ投資銀行)を活用しようと考えているのかもしれません。いずれによせ、中国を中心として世界作りが加速していることだけは間違いがなく、日米豪での連携を強化を確認したオーストラリアでさえも、今回のAIIBの参加へ鍵を切らざる終えない事態となってしまっております。



中国問題に詳しい石平氏曰く、
「中国は他人のフンドシで相撲をとるのが上手い」


という指摘ですが、過去の世界からの資本集めに然り、今回のAIIB設立による資本集め然り、指摘通り本当に「中国は他人のフンドシで相撲をとるのが上手い」と言わざるおえません。


日本も、こういった中国のしたたかな戦術やサバイブを基本として考え方を少しは見習う必要があるかも。








U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事