お知らせ

new

現在お知らせはありません。

2015年4月23日木曜日

[見通し]ギリシャ2年債利回りが2012年以来初めて30%を突破!債務危機は現実のものに・・・





◆   DMM CFDでは、スプレッド(売値と買値の差)を業界最狭水準!! ◆
■         D┃M┃M┃C┃F┃D┃            ■
■■        ━┛━┛━┛━┛━┛━┛           ■■
■■■    ス┃プ┃レ┃ッ┃ド┃最┃狭┃水┃準┃!┃    ■■■
■■■■   ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛   ■■■■

取引手数料0円!!『全額信託保全』導入済み!!初心者でも簡単4銘柄!!
>>使いやすい取引システムでお好みのレイアウトにカスタマイズ<<
▼▼▼    詳しくはこちら      ▼▼▼





どうなるギリシャデフォルトの現実性・・


一般的、客観的にみて、ギリシャがデフォルトしたと考えるが自然ではないでしょうか。

日本では、国債の利回りが1%を超えるとか、超えないとかで問題となることを考えれば、「異常」です。


背景には、欧州中央銀行(ECB)がギリシャの銀行に対する資金供給の条件を厳格化するとのブルームバーグ報道が重しとなったとされています。ECB(特にドイツ)にしてみれば、戦争賠償を穿り返したり、デフォルトをチラツカセて、債務者の強みをPRしてみたりと・・・。これまでのギリシャのやり方のすべてが気に食わないといったところかもしれませんね。








また、欧米でまとまってロシアへの制裁を強化している最中、ロシア外相とのパイプラインの話を本格化させるなどの行動で、ECBは、完全に何かが吹っ切れた感がでています。



[攻防]ギリシャ銀行は耐え忍ぶのか?



ECBスタッフはギリシャの銀行が緊急の資金供給を受ける際に差し出す担保の価値評価をさらに引き下げる案を検討している。そうなればギリシャ銀への資金供給が細ることになるとの見解。さらに、KBCのストラテジスト、ピエ・ラメンス氏は「市場は明らかにデフォルト(債務不履行)に近付いていると考えている。終局が迫っており、問題は数日以内、おそらく数週間以内に起こるかどうかだ」と指摘。



【緊急特集】6.25%大幅利上げで投資家トルコ・リラに大注目!



参考→
【暴落・チャート見通し】トルコリラは今が底値か・・高金利スワップポイントを狙え!

参考→
【トルコリラ見通し】20円を超えていけるかどうかはエルドアン大統領と米国の関係改善が重要となる

参考→
新聞や雑誌でダメ出しされた危険通貨「トルコ・リラ」は今が仕込み時かも・・

参考→
【見通し】トルコ・リラは通貨安歯止めに驚異の4.25%の大幅利上げ![2018年9月13日との比較・参考]





【重要】
9月13日、トルコ中銀は6.25%の大幅利上げを実施
政策会合でトルコ中銀は政策金利を17.75%から24%に引き上げました。

トルコの金利は過去最高に。次元を超えた金利により円をトルコリラに変えることで、もっとも高い金利を受け取ることが可能となりました。

しかしトルコリラを取り扱っているFX会社は限定された会社のみでの取り扱いとなっていますので、下記で参考までにトルコリラを取り扱っている会社を紹介しておきます。






トルコ・リラ取扱業者⇒









U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

【PR】年収1000万円以上限定コンシェルジュ

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択