new

市況かぶかfx速報!2chまとめブログ

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

2015年5月25日月曜日

もっとも手軽で簡単に相手の死亡を予測する方法が判明・・・・



血圧の上昇が気になる方も少なくないと思います。
特に資産活用での投資/運用を行う者にとって、健康ほど重要で価値がありものなどないからであります。


増加した資産は、有効に活用できてこそ本当に価値があるものへと変貌するわけでありますが、それが思いのまま実行できるのも健康な肉体と精神、澄みきった頭脳があってのものですから。資産家ならびに、現在投資を励まれている方にとって、時間と資産の増加は切っても切れない関係であります。長く、健康で生きてこそ。


マクロス マクロス デジタルハンドグリップメーター MCZ-5041 931327
マクロス (2012-08-09)
売り上げランキング: 1,507




しかし、人はいつかは亡くなるわけであり、死期(死亡の時期)をある程度は予測することも資産家にとって重要です。たとえば、日本は米国とは異なり相続税が世界でも異常に高い国の一つであります。従って、資産家の息子や娘は、両親の死期を予測できるかどうかは、相続税対策に大きく影響してまいります。


たとえば、相続税対策で最もスタンダードなものとして、プラスの資産額に応じて、マイナスの資産(借入状態)を作りだすという方法がありますが、多くの方がただただ負債を作るのではなく、「収益源を作る」と同時に大きな借入を行うというケースが多いはずです。そのため、『両親が予想に反して早くに亡くなってしまった』または『両親が予定よりも長く生きている』(本来は喜ばしいこと)というケースでは、相続税対策を最大限に行うことが難しくなります。


ある時点で大きな借入を行ったとしても、両親が長く生きてくれた場合、負債額は、毎年の収益でどんどんと減ってしまうからです。予定よりも10年以上も長生きをしたということになれば、残念ではありますが、喜ばしく思わない息子/娘がいるのもまた事実であります。


さて、そんな相続税対策や資産運用には欠かせない死亡の推定時期を簡単に把握する方法がカナダのマクマスター大学を中心とした研究グループが、ランセット誌で報告しています。


17カ国で検証した結果、握力の測定値は生存に関係してくるだとか・・・。


研究グループは17カ国の家庭を対象として、握力を測定する試験を実施して、4.0年間を中心とした期間にわたる追跡を実施。原因を問わない死亡、心臓や血管の病気による死亡、心臓や血管の病気とは関わりのない原因による死亡の発生を調査。ここでのポイントは、握力が強いか弱いかではなく、その低下幅が寿命と関係しているのだとか・・。


握力が5kg減少するごとに危険度は16%高まっていたのだとか。同様に、5kg握力が低下するごとに、心臓や血管の病気による死亡の危険度は17%増加、心臓や血管の病気ではない原因による死亡の危険度は17%増加、心筋梗塞は7%増加、脳卒中は9%増加という反比例の関係が判明しています。


握力はいわゆる「上の血圧」である収縮期血圧よりも、原因を問わない死亡率や心臓や血管の病気による死亡率を確かに予測できることが確認できたということです。握力の測定は血圧測定よりも優れていると。


「簡便かつ安価にリスクを判別できる方法」と研究グループ。




U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事