お知らせ

new

現在お知らせはありません。

2015年6月18日木曜日

【要人発言】イエレンFRB議長「利上げ時期が9月、12月、来年3月でも構わない。全体の道筋が重要」



◆   DMM CFDでは、スプレッド(売値と買値の差)を業界最狭水準!! ◆
■         D┃M┃M┃C┃F┃D┃            ■
■■        ━┛━┛━┛━┛━┛━┛           ■■
■■■    ス┃プ┃レ┃ッ┃ド┃最┃狭┃水┃準┃!┃    ■■■
■■■■   ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛   ■■■■

取引手数料0円!!『全額信託保全』導入済み!!初心者でも簡単4銘柄!!
>>使いやすい取引システムでお好みのレイアウトにカスタマイズ<<
▼▼▼    詳しくはこちら      ▼▼▼







参考⇒
※FXでの取引で重要なのは、「スプレットの狭さ」と「スワップポイントの大きさ」です。さらに「ツールの使いやすさ」はトレードの成果を左右します。ヒロセ通商グループの関連会社であるJFXが提供するマトリックストレーダーはスワップの大きな通貨の取扱を行っているだけでなく、ツールとして非常に優秀です。また業界最狭水準のスプレッドで取引手数料は0円!全額信託保全で安心安全のDMM.com証券での口座があれば、スワップ狙いと差益狙いの取引を同時に行うことが可能となります。





全体的には、年内利上げが正当化されていると取れる内容でしたね。
一方で、保留事項が複数ついている状態である点は見逃すわけにはいきません。

FRB周辺でも、金利の引上げに前向きな方々と2015年のFF金利引上げに慎重な方々がキレイに分かれています。


 
参考⇒
【ドル円|見通し】政府と日銀の確固たる意思表示!日経平均株価20,000円も見えてきた・・・
参考⇒
【見通し】日銀のETF買い入れ枠は今年末まで4〜5発は可能・・・
参考⇒
初心者もアクティブトレーダーもFXの取引は「みんなのFX」で。




*FOMC声明

経済活動は緩やかに拡大した。一段の雇用改善と2%物価に合理的な確信あれば利上げ。エネルギー価格は安定したようだ。住宅部門はやや改善、家計支出も緩やかに伸びた。企業投資や純輸出は軟調に推移。物価はエネルギー安や輸入物価受け2%目標下回り推移。労働資源の活用不足は幾分減少。投票者10人全員が賛成。


*イエレンFRB議長

雇用の伸びは加速した。インフレの下振れ圧力は幾分後退。利上げの時期は会合ごとに決定する。初回利上げの重要性を過剰に述べるべきではない。労働市場には循環的な弱さが幾分残る。FOMCはインフレは今年かなり低いと予想。経済情勢はまだ利上げを正当化しない。進展を示すもっと決定的な証拠を持っている。ドルは概ね安定。年内の利上げを正当化する指標が出てくる公算大きい。利上げ時期が9月、12月、来年3月でも構わない。全体の道筋が重要。ギリシャ合意なければ、ユーロ崩壊の潜在的な可能性に。ギリシャ合意に至らなければ世界金融市場に影響及ぶ可能性。この1年のドル上昇は著しい。ドルは純輸出にマイナスの影響をもたらした。ドル高は経済見通しに影響する一要素。ドル高でも年内利上げは正当化される。



【緊急特集】6.25%大幅利上げで投資家トルコ・リラに大注目!



参考→
【暴落・チャート見通し】トルコリラは今が底値か・・高金利スワップポイントを狙え!
参考→
【トルコリラ見通し】20円を超えていけるかどうかはエルドアン大統領と米国の関係改善が重要となる
参考→
新聞や雑誌でダメ出しされた危険通貨「トルコ・リラ」は今が仕込み時かも・・
参考→
【見通し】トルコ・リラは通貨安歯止めに驚異の4.25%の大幅利上げ![2018年9月13日との比較・参考]





【重要】
9月13日、トルコ中銀は6.25%の大幅利上げを実施
政策会合でトルコ中銀は政策金利を17.75%から24%に引き上げました。

トルコの金利は過去最高に。次元を超えた金利により円をトルコリラに変えることで、もっとも高い金利を受け取ることが可能となりました。

しかしトルコリラを取り扱っているFX会社は限定された会社のみでの取り扱いとなっていますので、下記で参考までにトルコリラを取り扱っている会社を紹介しておきます。


トルコ・リラ取扱業者と運用方法解説→

【重要解説】6.25%大幅利上げで口座開設が急拡大したトルコリラの取引注意を3段階のレベルで解説


U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

【PR】年収1000万円以上限定コンシェルジュ

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択