不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2015年6月26日金曜日

それでも成功したいですか?日本の成功者たちが最期に突きつけられる厳しくも空しい現実・・・



20代、30代の現役世代は将来に大きな不安を抱える方も少なくなく、社会的成功をイメージし、がむしゃらに働くことを美学と考える方も少なくないでしょう。


しかし、仮に社会的成功を勝ち取り、お金に困らない立場となってみると、次に立ちはだかる大きな問題に直面します。


それこそが「相続税」
関連記事はコチラ>>



相続税から土地を守る生前対策
下坂泰弘
幻冬舎
売り上げランキング: 107,054







10億円以下は非課税の米国、都内に家持ちはほとんど対象者となる日本

米国などでは、約10億円以下の相続は非課税とされている一方、日本では「稼いだ奴が悪い」、「金持ち憎し」といった風潮が強く、死んだという理由でほとんどの財産を「税」でもっていかれてしまう始末。おそらく相続を意識する60代、70代となってはじめて「空しさ」を痛感することと思われます。




取られて、取られて、取られまくる現実

長年働いて、消費税、所得税、自動車税、不動産取得税、酒税などなど、あらゆる「税」をこれでもか!?というほど支払ってきたではないか!最期の遺産の遣い道ぐらい自分で決めさせてくれ!と言っても、お上はそんなに甘くはありません。奥様のヘソクリまで根こそぎ持っていかれてしまいます。




社会的成功者と意される著名人、有名人こそ「空しさ」を痛感??

そんな相続税は、著名人、有名人にとっても他人事ではなく、最も頭の痛い問題の一つであることは容易に想像がつきます。資産額が数十億円と言われる梅宮辰夫氏やビートたけし氏といった面々の方々は本当に頭が痛いのではないでしょうか。世間の誰もが知る有名人であるだけに、「相続」発生となれば、税務署が徹底して調査するだろうことは容易に想像がつきますから。




基礎控除減額で都内の自宅持ちの多くが対象に!

昨年まで基礎控除額「5000万円+(法定相続人の数×1000万円)」が、今年より「3000万円+(法定相続人の数×600万円)」となり、標準的な「両親と子供が2人いる家庭」で父親が亡くなった場合、法定相続人は母親と子供2人の合計3人となり、これまでの基礎控除額「8000万円」が「4800万円」にまで下げられてしまうというのですから、都内で自宅がある家庭などはほとんどが相続税の対象とされてしまうわけであります。




資本主義は表向き、日本は立派な社会主義国?死んだら財産しっかり没収致します

日本は一応、資本主義を掲げておりますが、頑張って貯めた資本を次の世代へ持ち越せないとなれば、これは立派な社会主義国であり、これほど厳しい環境で著名人、有名人たちが行った相続対策は昔から世間の関心の的でありました。こちらの記事では、養子縁組を活用するということが話題として取上げられているようです。


資産数十億円? ビートたけしの「孫を養子に」は相続税対策だった!?|お金がほしいやつちょっと来い



相続専門の税理士だから言える リスク回避の処方箋
寺西 雅行
週刊住宅新聞社
売り上げランキング: 198,892



U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

1 件のコメント:

  1. ぼくは投資成金ですが、周りの人間に幻滅したので「持て余したお金」として自分の好きな様に処理しようと思ってます
    ノブリスオブリージュなんて信じません

    返信削除

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事