不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2015年7月28日火曜日

派遣業(派遣システム)に問題はなし!格差を生み出す大きな要因は○○である・・


良いのか、悪いのか?
派遣業が「かわいそう」という思い込みは、そろそろ卒業すべきテーマかもしれません。


なぜならば、派遣社員と正社員の大きな壁といえば、「労働に対する所得の格差」であります。2002年〜2003年頃は「派遣=かわいそう」などという風潮はなく、企業内ではエンドレスで働く正社員を派遣社員が哀れに思い、見下し、夕方にはとっとと帰宅してしまうという時代もありました。この時代は、実は派遣社員の時給が今よりも高額で、フルタイムで働いた場合、正社員よりも高い所得を手にしている派遣は本当に多かったわけであります。


中高年ブラック派遣 人材派遣業界の闇 (講談社現代新書)
中沢 彰吾
講談社
売り上げランキング: 17,291



30年間の“特別扱い”に終止符、IT派遣が専門26業務でなくなる | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉:日経BPオールジャンルまとめ読みサイト




特に営業職/販売員においては、高い時給に加えて、成果報酬も支払われておりました上に、派遣が支払うのは、所得税と失業保険ぐらいで、現在のような社会保険料の支払なども一切なかった時代です。つまり、派遣が羨ましいと考えていた正社員も多く、趣味のサーフィンやボードを楽しみたいために、正社員をやめて派遣社員となるといった若手もいたぐらいでした。


今の派遣がかわいそうという風潮ができた大きな要因は、今の派遣は、昔ほど高い時給が支払われていないという点につきまます。企業内での差別においても、労働時間に対して、同等の賃金をもらっていれば、正社員と派遣の違いは、単純に役割の違いという結論となりますし、正社員が威張り倒すという身分社会も成立しずらいわけであります。


そうです。派遣制度そのものを必要とする働き手も少なくありませんし、「人生は仕事だけではない」と考える方が多いことも事実です。


本当に変えるべき点は、派遣会社が威張り倒している点や派遣労働者から搾取し過ぎることに対し、規制がないことこそ問題視すべきことであります。





U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事