不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2015年7月31日金曜日

イカサマ中国が認めざるおえなかったPMI50ぎりの発表が意味するところ・・・



「まだまだ中国は経済大国!」

といったプロパガンダとは裏腹に、世界からの信頼を失い一斉に投資が引上げられる現況と乖離していた中国政府が発表する経済指標。外貨準備高は激減し、資源輸入量(輸出国にとっては輸出量)には以前の迫力は存在しません。



中国のプロパガンダ芸術―毛沢東様式に見る革命の記憶
牧 陽一 川田 進 松浦 恒雄
岩波書店
売り上げランキング: 764,217




そんな中、説明のつかない(矛盾する)経済指標を発表し続けてきた中国でしたが、あまりの経済悪化に、もう嘘が通用しないと判断したようです。これまでPMIは50以上と決め込んでいた中国政府は、今回の中国PMIの速報値において50を下回る48.2と発表。どれほど経済が悪化しようとも、政府ぐるみで決め込んだ数値を発表したかったというのがホンネではあったのかもしれませんが、世界が中国のイカサマに気づきだした昨今、さすがの中国政府も、50以上で発表することは危険であると判断したのかもしれません。


日経平均株価は、これに伴い大幅に下落しています。


そして、今日の中国PMIの発表により、中国と関係の深いオーストラリア通貨が対ドルで0.7301豪ドルと高くなっています。


日経平均は、来週、29日の米FOMCの政策金利発表までは小動きが続きそうな予感。


反日プロパガンダの近現代史:なぜ日本人は騙されるのか
倉山満
アスペクト
売り上げランキング: 53,936



U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事