お知らせ

new

現在お知らせはありません。

2015年7月11日土曜日

TOYOTAがベタホレするのも分かります!ロータリーエンジン供給も視野に入る次世代『RX-7』が復活か?


MAZDAが熱いですね。


規模こそ小さな会社ですが、米国においても品質/デザインの良さで認知が向上してきていますが、ここにきてマツダ RX-7が復活という話が・・・。


ハイパーレブ Vol.180 マツダ RX-7/FD3S
三栄書房 (2014-05-19)
売り上げランキング: 72,353





マツダがロータリーエンジンを『コスモスポーツ』に搭載してから、50周年にあたる2017年はマツダにとって特別な年となる。そこでマツダは300psを発揮する1.6リットル次世代ロータリーエンジン、「16x」を搭載する『RX-7』を復活させるシナリオを描いているというではありませんか!


プラットフォームは新型『ロードスター』と共有するとも伝えられ、軽量アルミ素材により先代より100kg近い軽量化を目指すと共に、SKYACTIVテクノロジーにより、ロータリーエンジンの大幅な燃費改善を図る。エクステリアデザインに関しては歴代のRX-7とは異なる、個性の強いアグレッシブなフロントマスクが噂されているようです。


最近のMAZDAをみていますと、TOYOTAが惚れ込むのも分かるような気がします。


トヨタとの提携拡大により次期『86』へのロータリーエンジン供給も視野に入る次世代『RX-7』、ワールドプレミアは2017年の東京モーターショーを目指し、発売は2019年以降となりそうとのこと。


待ちきれませんよ。



ニューモデル速報 歴代シリーズ 初代サバンナRX-7のすべて
三栄書房 (2015-01-20)
売り上げランキング: 70,189



U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

【PR】年収1000万円以上限定コンシェルジュ

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択